晴れた日にはアンテナつけて

今はしとしと雨が降っているが、昨日は本当に気持ちのいい快晴だった。
俺今週は夜勤だから晴れても関係ないけどな!
そんな昨日のこと。
家に帰ったら、なんかハシゴが。


画像

誰かが、屋根に上っている。
‥‥ああ、電気屋のおっちゃんだ。
地デジのアンテナを設置しにきたんだな。


画像

BSやらCSやら全部見られるようにしてくれ、ってのがオカンのリクエストだ。
地面に沢山の空き箱が。
いっぱいアンテナつけるみたいだ。ブスブスと。


衛星放送のアンテナは近くで見たかったのにな。
もう屋根の上だ。


このハシゴを上っていけばいいのかもしれない。
屋根の上からの景色はきっといいだろうなぁ。
んー。

‥‥俺は高いところはそんなにキライじゃないんだが、実はハシゴが苦手だ。
いや、足元がグラグラするのが苦手というか。

足がしっかりと、つま先からカカトまで地面についていないと、なんだか不安になるのだ。
子供の頃、ブランコもジャングルジムもダメだった。
河原で石をピョンピョン跳んで渡るなんてのも無理。

重力に縛られた古い地球人だからな!
ちなみに俺はかなりの偏平足なのだが、それもなんか関係しているのかな。

「おおー、○○(俺)、帰ってきたんかぁ。」
親戚である電気屋のおっちゃんが屋根の上からにょこっと顔を出した。
「おつかれー。いい電波集めてやー。」
手を振って、家の中に。
今夜も仕事だからなぁ。眠らないと。
おっちゃんの作業の終わるのを待っていられないや。


寝て起きたら、テレビがデジタルになってた。
うん、綺麗だな。バラエティばっかり観ているオカンにこの綺麗さは意味無いけど。

なんかWOWOWとかスカパーも観られるようになっているんだな。
こっち方面、全然興味なかったんだけど、映るんなら、なにかチャンネル契約してみようか。
東映チャンネルで大鉄人17やるそうだし、それにするか。

「な?何でも映るようにしといて良かったやろ?」
はしゃぐ俺を見てオカンがニヤリと笑った。
「むぅ‥‥」
「アンテナ代の六万円はオマエ持ちなー」
えー。



"晴れた日にはアンテナつけて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント