そういうこともあるだろう

アクセスカウンタ

zoom RSS 新婚旅行1日目 ハワイの夕日を二人で眺める

<<   作成日時 : 2010/11/21 23:06   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

常夏の楽園、ハワイでの新婚旅行を終えて日本に帰ってきた。
初めての海外旅行、何もかもが新鮮な体験で、そりゃもう楽しかった!!

今回の旅行は何から何まで女房任せだった。

バリバリに海外慣れした妻と、飛行機に乗るのすら初めてのダンナ。
こういう場合はダンナは変に見得を張ったりしないほうがよろしい。
黙って女房に甘えときゃいいのだ。
きっと。

「ダーリンは何もしないでいいから、ぜんぶ私に任せといて♪」
と、ドンと胸を叩いてくれた妻。
うん、頼もしい。


画像

初めての飛行機はJALのエグゼクティブクラス。
俺が初めての飛行機で、快適な空の旅ができるようにと妻が気を利かせてフンパツしてくれたのだ。
妻に言わせると、何よりも座席の広さが違うという。
なるほど、確かに足をうんと延ばして座れるのはありがたい。
スリッパも完備だし。


画像

飲み物として大吟醸も出てくるし、機内食だってご馳走だ。
こんな豪華なフレンチが空の上で食べられるなんてなぁ。ちょっと感激。




画像

食後にはデザートとして堂島ロールが出たぞ。
すげー。
妻もご満悦だ。


夜の9時から、だいたい8時間ほど飛行機に乗ったら、朝10時にハワイに着く。
時差ってのは頭ではわかっちゃいるが、なんか違和感あるなぁ。

まあでもでも、ついにハワイなのだ。



画像

‥‥‥ここが、外国か。

空の色が違う。空気の匂いが違う。
生まれて初めて、海の向こうに、来た。
嫁に連れて来られた。


俺が感慨に浸っている間にも、妻はテキパキと段取りを進めていく。
上着脱いでTシャツ姿にになったか思うと、空港前で配っているクーポン満載のフリーペーパー(ハワイはクーポンがメチャクチャ普及してるらしい)をちゃっちゃと貰って、ホテルへの送迎車に乗り込んだ。
ほほう。我が妻ながらカッコイイ。


画像

送迎車の中では運転手さんにiPadを手渡された。
このホテルまでの道のり、このipadでハワイの軽い観光ガイドなんかを見て時間を潰してほしいんだって。
なかなか面白いサービスだ。




画像




画像

ホテルは、シェラトン・ワイキキ。
名前の通り、ワイキキ・ビーチに建つ巨大なリゾート・ホテルだ。
そこのオーシャンビュー、海とダイヤモンドヘッドの見えるスイートが俺たちの部屋である。


ずっと寝ていただけとはいえ、初めての飛行機旅でやはり疲れている。
さっさと部屋に入ってくつろぎたい!!
‥‥と思ったら。

「なんか、まだ掃除が終わってなくて部屋に入れないって。」
「えー!?」

なんだそりゃ。
妻が交渉してくれたところ、部屋の準備が終わるまでメシでも食べていろってホテルがレストランのタダ券くれた。
はぁ。

「ふふ。このゆるい感じが、リゾートのいいとこなんよ。」
と、なぜか妻がドヤ顔をした。



そんなわけで、ホテルに着くなり、部屋に入ることもなく、メシ。
1Fの軽食レストランで、俺はロコモコを。

画像


おお、これが本場のロコモコかぁ。
グレービーソースの沁みたゴハンと、やわらかいハンバーグの組み合わせがタマラン。


画像

妻は、あまりお腹すいていないからとピザを頼んだんだけど‥‥
出てきたピザの大きさにゲンナリしていた。
ドリンクもデカいし、アメリカンサイズって奴だなあ。



ハワイの巨大飯の洗礼も受けたあとは、ショップでTシャツやビーチサンダルなんかを買い込んでから、ようやくホテルの部屋に到着。

画像

バカ広いスイートルーム。
設備としては、オーソドックスな部類だろうか。
特にすげえ、と思うような設備は無い。
だけどだけど、そんなのどうでもいいくらい、景色が最高。


画像


画像

白いワイキキのビーチと、ダイヤモンドヘッドが目の前に広がっている!!!
こりゃもう、コレだけで100点だ。



画像

でも残念なのは、風呂がシャワーユニットしかなくて超貧弱。
外国だから仕方ないけれど、これにはアヒル村長さんもガッカリだ。

あとエアコンが摂氏(℃)じやなくて華氏(゜F)なのがとまどった。
室温70゜Fって言われてもー。




軽装に着替えて、まずはホテル周辺の散策へ。
街の景色、建物、看板。
往来を歩く人々。
ショーウインドー。
右側通行のクルマ。信号機や標識。

画像



画像


画像



何もかもが物珍しくて、俺、めっちゃキョロキョロ。
「ハワイはねー、至るところにABCストアってのがあって‥‥」
妻がニコニコしながら、あれこれ説明してくれた。

買い物にしても、妻のおかげで言葉にも困らない(英語ペラペラでやんの)し、なんだかもう快適だ。


「それだけアメリカ慣れしてんなら、新婚旅行はもっと違うとこにしたら良かったのに。」
アロハシャツやムームーなんかを買い込んで部屋に戻り、休憩しているときに俺が妻に聞いた。
妻は笑って、ハワイはまだ2回目だという事、そして新婚旅行はどうしてもハワイが良かったと俺に告げた。



そして。

「‥‥そろそろ、ビーチに夕日を見に行かない?」
二人で、ホテルの裏手からふらりとビーチに出た。

画像


夕方近くになっても、まだまだサーフィンや水泳を楽しむ人たちでビーチはにぎやかだ。




画像

コンクリに腰を下ろし、夫婦で夕日を見る。



画像

西にゆっくりと傾いていく太陽。
朱に染まる空。


海に沈む太陽を見たのは初めてだ‥とは言わない。
だけど、この異国の地でみた夕日は格別に美しく、感動的に思えた。


「‥‥この夕日を、見せたかったんよ。」
妻が言った。


妻が前にハワイに来たのは10年前、弟の結婚式だったそうだ。
ハワイなんてベタベタな観光地なんて‥‥と、欧米各国を渡り歩いた経験のある妻は、少し馬鹿にしていたのだと。
それなのに、このハワイの夕日を見て思わず心を奪われたのだそうだ。


「‥‥それでね、絶対もう一度、この夕日を見たかったんよ。‥‥今度は自分の大切な人と二人でね。」
「それで、ハワイに来たかったんか。」
「夢が叶うまで、10年かかったけどね。でも、二人で夕日見られて本当に良かった。」
妻が、満面の笑みを見せた。


画像

‥‥畜生。
男たるもの、こういう時にサッと気が効いた台詞を言えるようになりたいもんだよなぁ。
実際には俺はもう、何にも言えなくなってしまったよ。






画像

夕日が沈めば、ハワイは今度は美しい夜景を見せてくれる。
「どうする?夜遊びする?」
「あー。今夜はもうだめだあ。」
なんせ時差ボケ、疲れてヘトヘト。
若いカップルみたいに夜はまだまだ‥‥とはいかないのよ。

この美しい夜景は、ホテルの部屋から楽しむに留めよう。



画像

なぁ、村長さんもそう思うだろう?




新婚旅行一日目はこんな感じ。二日目は次の更新でー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウンター.com
新婚旅行1日目 ハワイの夕日を二人で眺める そういうこともあるだろう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる