パン教室に行ってみた

タバコやめたんで、浮いたお金で新しく何かできるよなぁ‥‥と考えたんだ。
ちなみに、この「浮いたタバコ代計算法」は実は何気にすごいぞ。
俺は、一日一箱として9000円浮いたなぁ‥‥と思っていたんだが、こないだタバコが値上げしたんで、410円x30日でなんと12300円も浮いた計算になる。

もし将来、500円に値上がりしたら15000円も小遣いが浮いた計算に!!
タバコ値上がりすればするほど、儲かった気分になるぞ。
ふしぎ!!


‥‥いやそれは冗談だけど、そういうことなら月に一万円くらいは好きな事に使ってもいいと、相方からも許可が出たのだ。
じゃあ何するかなぁと考えた結果、パン教室に通うことにした。

ずっと独学でパン焼いてきたけれど、生地のこね方とか、発酵の見極めとか、本やネットの情報じゃあイマイチわかんないなぁと思っていたのだ。
百聞は一見にしかずって言うしな。

一度習ってみないとわかんない、って意味では「お菓子教室」にも興味はあったんだけど、さすがにお菓子教室は生徒さんも女性ばかりだろうし、オッサンが混ざるにはハードル高すぎるよな。


どのパン教室にするかはネットで調べた結果、下鴨にあるフランス菓子とパンの教室「ミシェル・コンティ」ってところにした。
プロの職人さんが本格的な厨房で教えてくれる、本気度の高いスクールだ。
そこの「パンクラス基礎コース」ね。


もっとこう、主婦の先生の自宅に集まってワイワイやるような「家庭で作れる簡単パン教室」みたいなのも選択肢としてはあったんだけど、そういうところって「女性限定」ってところが多かったのだ。
それに毎週○曜日に開講、みたいなのも多いし。それだと俺は通えないのよ。


ミシェル・コンティさんは専門スクールってことで、好きな日を選べるし、それにプロの機材を使ってパン焼きができる‥ってのに魅力を感じて選んでみた。
レベルは高そうだが、基礎コースからだし、きっとなんとかなるだろう。


こういう時のフットワークは我ながら軽い。(何も考えてないから)
メールでサクッと予約して、さっそく行ってきたんだ。


画像

左京区の下鴨、閑静な住宅地に、ミシェル・コンティさんはあった。
元はベーカリーか洋菓子店だったのかなぁ?
赤い扉と白い壁のオシャレな洋館だ。

はああ。なんか敷居が高そうだが、まぁいいや。
意を決して、ギギィ‥‥とドアを開けると‥‥


そこは工房だった。


ズラリと並んだ作業台、教室をぐるりと取り囲むように配置された流し台や各種調理器具。
奥には専用オーブンや業務用ミキサー。
ああ、工房だ。パン工房だ。


うひゃあ、とか思いながら、コックコート姿の先生に挨拶すると、席について座って待っててくれとの事。
作業台には俺以外に生徒さんが二名、先に座っていた。
先輩だな。


‥‥まぁ予想していたことだが、皆さん女性だ。
「マダム」って感じの上品な奥さんが二人、きょとんとした顔でこちらを見ていた。

「?」
「はぁ、どうも。今日からお世話になります。」
「‥‥?」

あ。わかった。
俺がパン教室の生徒だと思わず、新しい講師の先生かなんかだと思われているのか。
そりゃ男性の生徒なんて珍しいものなぁ。

パン作りに興味があり、ちゃんと学んでみたくてここに通うことにしたと告げると、なんかすごくニコニコと会釈された。
そうこうするうちに、あとからもう一人、大学生くらいの若いお嬢さんも入ってきた。
この四人で今回のレッスンのようだ。




画像

今回学ぶのは調理パン3種類。
基礎コースでこのレベルかぁ。うひゃあ。



パン教室というものについて、興味があったのはその授業の進め方だ。

なんせ、パンというのは時間がかかる。
生地こねて発酵させて、分割して丸めて、ベンチタイムとって、成型して、またホイロして、焼いて。
二時間半の授業で、小麦粉をこねるところからやっていたのでは到底間に合わない。
どうするのかなぁー、と思っていたんだが。


実際の授業は、いきなり完成した生地の分割からスタートだった。
キューピー3分間クッキングシステムやね。


生地の配合や一次発酵については、ホイロ(二次発酵)中にホワイトボード使って、座学で学んだ。


これは、今回作るのが調理パンで、「成型」にポイントがあるからこういう段取りであるようだ。
もし生地作りにポイントがあるパンなら、別の段取りを踏むのだろう。


授業は、あくまでもプロのベーカリーがお店で出しているパンを学ぶという体裁。
家で焼くときはこういうアレンジをしたらいいですよー、とは言ってもらえるが、レシピはあくまでもプロ視点。
配合も生イースト前提だし、捏ね時間も業務用ミキサー基準だし。

生徒さんも、家で普段からパンを焼いているのが前提のようだ。
してみると、「初級コース」ってのは「初心者コース」という意味ではないのだなぁ。


成型メインでのレッスンではあったが、プロの作った生地を触らせてもらったし(自分でこねたのと全然違う!!)、
座学ではプロ目線でのアレコレ(コスト管理の話とか)を聞けたし、ああこりゃ面白いわ。
すごく勉強になるなぁ。

好奇心にビンビン来る。

周りの生徒さんが女性ばかりって事で、居心地悪かったらどうしようかと思ったが、その心配もなさそうだ。

空気がピンと張っていて、あまりワイワイキャッキャッとした雰囲気ではないのがいいのだろうか。
みんな真剣だし。


これなら、続けてもよさそうだ。
月に二回なら、なんとか時間も作れるだろう。

タバコやめた分のお金の使い道としては、わりと有意義なのではないだろうか。



画像



画像

ちなみにこれが教室で焼いた調理パン3種。
ソーセージパンと、焼きカレーパンと、ハムとポテトサラダのパンの3種でござんす。

焼きたてアツアツなのはいいんだけど、持って帰る過程でどうしても蒸気でシワシワになっちゃうなぁ。
なにか運搬手段を考えないと‥‥!!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック