ただいまバケツで稲作中

あれは今から5ヶ月前になるか。
相方との交際の報告がてら、会社の元同僚たちとお茶会をした日。
当時のブログ記事に「解散した後は、俺たちはロフトで買物したあと‥‥」なんて書いているんだが、その時に実際に何を買ったのかというと、コレ。

画像

コシヒカリの栽培キットである。「自分米」という商品名。
自宅で簡単(?)にコシヒカリが栽培できて、もちろん米が収穫できるという。
こういうの大好きなんで、迷わずに買った。
「もしちゃんと実って、米が獲れたら、オニギリ作って二人で食べよう」とかなんとかクサい事言ってたような気がする。
実のところは、単なる好奇心だったのだが。


画像

キットの中身はこんなん。
大雑把に書くと、土(二種類)と、種モミと、ビニル鉢。
これで2000円ってのは少しアレな気もするなぁ。


画像

種モミ。
とりあえず、種モミの小袋でミスミじいさんごっこでもしておくか。


画像






コメってのは日本人にとっては特別な作物で、農家の人が精魂こめて育ててくれている。
そのせいか、なんとなく素人には育てられないんじゃないか、なんか特別な世話をしなければいけないんじゃないか、なんて身構えていたんだけれど。

説明書を読む限り、要するに種捲いて水やっとけばなんとかなるみたい。
ま、植物だしな。
もちろん農家の仕事が大変なのはわかってるけど。



画像

水に浸した種モミを小さなカップに植えて、二週間ほど。
可愛らしい芽が出た。おっしゃあ。
かわいいかわいい。



画像

種捲いてから一ヵ月後の三月下旬。
そこそこ苗が育った時点で、鉢に植え替えた。
普通の植物と違うのは、鉢に常に水をなみなみと張っておくところ。
要するに水田だ。
プチ水田。



栽培キットについてきた種モミは30粒ほど。
説明書によると、その中から4~5本をより分けて育てるとの事だったんだけど、もったいないんで全部育てていくことにした。



画像

まぁ土と鉢さえ自前で用意すればいいだけの事だ。
土は100円ショップで適当に買ってきた。
鉢は、水が漏れたら困るから、同じく100円ショップで買った小さいバケツ。
観葉植物気分で窓際に並べておいたんだけど‥‥‥





画像

さすがイネ科の植物。つーかイネそのものだ。
すくすくと育って、5月にはもう「窓辺に置いといていいってレベルじゃねーぞ」って感じに伸びた。
水をやる以外、特にコレといって世話はしとらんのだが‥‥


相方は、最初の頃は
「ちゃんと育ててくれてありがとう」とか
「お米が取れるの楽しみだね」とか言っていたんだけど、
この頃には
「部屋が田んぼの匂いがするwww」
「伸びすぎて鬱陶しい」
とか言っていたなぁ。


部屋が田んぼの匂いがするのはマジで本当。
水田に苔だか藻だか繁殖してるしな。
換気のために開けた窓から種が飛んでくるのか、何故か雑草が生えるし。


いいかげん部屋に置いとくのは限界ってことで、玄関先に出して放置プレイだ。
見た目はただの草ボーボーで、花を愛するオカンに大層嫌がられたんだけど、まぁ水だけはやってくれと頼んだ。




7月に入る頃には興味もかなり薄れてきたんだけど‥‥

「オマエが前に置いた、あの草な」
「うん?」
「なんか穂がついたで?」
「おお!!」



画像

いつのまにか穂がついたー!!!
一気にコメらしくなったなぁ。

この穂がちゃんとコメとして実るかどうかはまだわかんないが、うまくいけばオニギリ一個分くらいは収穫できるんじゃないだろうか。

よく考えたら、無農薬のコシヒカリだ。
うひょ。
かなり楽しみになってきた。


これで天国のミスミじいさんにも顔向けが出来るってもんです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック