海遊館と大観覧車

画像

IKEA探検の後は、せっかく大阪港まで来たんだからと天保山まで足を延ばしてみた。
俺のお目当ては海遊館だが、相方には別の狙いもあるみたい。

タクシーから降りると、猛烈な熱気が汗を噴出させる。
なんてぇ天気だ。
昨日までの雨が嘘のように、夏の日差しがギラギラと海面を照らし出していた。


「‥‥アイス食いたい。」
「アンタ、出かけるたびにソレ言うなぁ。」


海遊館に入る前に、天保山マーケットプレイス内「なにわ食いしんぼ横丁」で休憩だ。
おおー、涼しいー。


画像

「パンソフト なにわ牧場」で「ジンベイザメ生ソフトクリーム」を買ってもらった。
ジンベイザメの形をした揚げパンに、ソフトクリームが巻かれたもの。
いわゆる「ネタ商品」と侮っていたが、
ほんのりと暖かいパンと、冷たいソフトクリームの組み合わせが存外にいい。
ソフトクリーム自体も濃厚でウマウマだ。


この「なにわ食いしんぼ横丁」は、昭和レトロな町並みを模した食べ物テーマパークになっている。
でもまぁ、レトロもなにも、大阪の下町ってリアルタイムで昭和っぽいしなぁ。

画像

ちなみに、この太陽の塔は「おこし」で作られているんだと。




画像

さて、休憩も済んだところで、いよいよ海遊館。
なんだかんだで、ここに入るのは随分久しぶりだ。
ジンベイザメは元気かなぁ。


ここの水族館は、地上からスタートしてぐるぐる順路を回りながら、深海へと潜っていく形式。
なもんで、水族館といいつつ、最初はカピパラやらアシカやら、哺乳類多めのスタートになる。


画像

カワウソのいじめ現場に遭遇。
「カプッ」
「やーめーろーよー」



画像

ケースに入った毛玉。
なにこのモコモコしたの?
‥‥と思っていたら。

画像

実はイワトビペンギンのヒナだった。
まだ目も開いてなくて、可愛いなぁ。




画像



画像

お魚天国。
ジンベエザメみたいな大物スターもいいけれど、こういうカラフルな魚たちがワチャワチャとしているのも綺麗だ。
せわしなく泳ぐヤツもいれば、ピタッと静止して動かない魚もいて。
俺たちが暮らすことの出来ない海の中で、こんなにも沢山の命がひしめき合って生きている。
なんか、不思議だなぁ。



画像

で、大物スターのジンベエザメは、相変わらず人気者。
デカすぎてなかなか写真に収まらん。
基本的に水族館の魚というのは愛称とかつけないもんだが、ジンベエザメだけは名前が付いている。
「海」くんと「大」くん、というそうだ。
尾びれにほとんど模様の無い方が「大」くん、なんだと。
じゃあこの写真は「海」くんの方かね。



画像

エイのお腹のニコニコ顔はいつ見てもカワイイな。
/・ω・\  って感じ。




画像

スナメリ(イルカの仲間)の特設コーナーがあったのでふむふむと見て回った。
こういう「文化祭の展示」みたいなのを見るのは二人とも好きである。
もちろん水槽にはホンモノのスナメリも居たわけだけど、何が嬉しいのかピュンピュン泳ぎまくってて俺のカメラでは追いきれず。
でも、可愛かったよ。

ちなみにスナメリのキャッチフレーズは「海のマシュマロ」。このフレーズに相方が大ウケ。
「だって、大豆を『畑のお肉』って呼んだり、牡蠣を『海のミルク』って呼んだりするやん?そんな感じかと思って。」
なるほど。
海のマシュマロ。



画像

順路も深海コーナーにさしかかると、男の子ウケする生き物が出てくる。
タカアシガ二かっこいいー!
どことなく拳法家を思わせるたたずまい。
興が乗って特殊撮影してみた。(ズーム回しながらシャッター切っただけだけど)


画像

これは個人的に大好きなマンボウさん。
ぬぼーっとした感じが大好き。




画像

そしてラストは、別館の「ふあふあクラゲ館」。
「ふあふあ」の部分に少しイラッとするが、クラゲって本当に不思議で綺麗だよなぁ。
なんだろ、こんな生き物が本当に存在するというのが不思議でならない。



画像

「こんなわけわかんない生物、進化論で説明つくのか?」
「不思議だねぇ。」
‥‥海って本当に、偉大だ。




画像

海遊館から出たら、もう6時すぎ。
なのにまだまだ日が沈んでないのな。
夏の日って長い‥‥。
しばし、夕日の海を楽しんだ。


「どーする?早めに梅田に戻って晩飯にする?」
「なにを言うかなー。ここまで来たら、アレに乗らないと。」
相方が指差すのは、天保山名物の大観覧車。
本当に観覧車好きだなアンタ!!


画像

観覧車ならやはり、日が沈んで夜景が煌いてからが定石。
仕方ないので、またしても「食いしんぼ横丁」に引き返して「自由軒」の名物カレーなんぞ食べて日没を待った。
ここのカレー、なかなかにクセになるんだよねぇ。



さて日没。
そろそろいい頃合だ。


画像

夜空に超巨大な観覧車が緑色に浮かび上がっている。
ちなみに相方の言葉によると、この観覧車のライトアップの色は明日の天気予報になっているのだそうだ。
「緑だから明日は曇りやね。」
なんだそりゃ。便利なのソレ?


画像

ゆっくり、ゆっくりとゴンドラが上昇していく。
天保山の観覧車は日本最大級、地上114mの高さだそうだ。
グングンと地上が遠ざかり、大阪港の夜景が眼下に広がってきた。


画像


観覧車のてっぺんからは、明石海峡大橋も見渡せる。
こないだ行ったUSJも勿論、見える。

「うっはああー。」
相方が、声にならないため息をついた。
美しい夜景にみとれているのか、はたまた、明日から仕事だぁー、という溜息か。

ともあれ、これもまた、一つの思い出。


‥‥って、「家具を買う」にかこつけて、また遊んじゃったなぁ。

挙式まであと四ヶ月か。
こんなペースでいいのかしらん?










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック