IKEA鶴浜に行ってきた

そろそろ、新生活に向けて家具を買うことを考えなくてはならない。
今生活しているこの家に、ヨメがやってくるだけなので、家財道具一式揃えなきゃならないわけじゃない。
だが、それでもベッドやドレッサーなんかは買わなきゃならないのだ。
場合によっては本棚やテレビ台も必要になるかもしれない。
「サクッとAmazonで‥ってワケには‥いかないよなぁ?」
「ダメ!特にベッドなんかは実際に寝そべってみないとわかんないよ?」

ふむぅ。それは確かにそうなのだ。
俺が今使っているロフトベッドはニッセンの通販で買ったものだが、吟味して買ったにもかかわらず、組み立ててから「しまったぁ!!」って部分が幾つかあった。
例えばマットレスの薄さであるとか、ベッド下のデスク部分の薄暗さであるとか。
やはり、現物見て買うのって大切か。



画像

そんなわけで、大阪の「IKEA鶴浜店」に相方と二人でやってきた。
梅田から無料シャトルバスで一直線だ。


今日ここでいきなり買物するつもりはないんだが、まずは下見という感じである。
だって実際、何を買えばいいのか、どんな部屋にするのかすらキッチリと決まってないんだ俺たち。
でっかい家具屋でイロイロ見て回れば、なんとなくイメージが掴めるかなぁって。


画像

入り口でMAPやカタログ、ショッピングリスト、鉛筆なんかを配ってる。
これらは、買いたい商品の番号をメモっておくのに使う。
メモっておいて、最後にその番号の商品を「自分で」倉庫から引っ張ってきてレジに行く、というのがIKEAの買物の仕方であるようだ。
スウェーデン生まれのIKEAさんは、売り方もダイナミックだ。

「うひゃあー広いねぇー。」
「んー。まぁ、それはそれとして。」


家具をいろいろ見て回る前に、まずは昼メシである。
IKEAの店舗には、内部にレストランがある。カフェテリア形式で簡単なスウェーデン料理が食べられるのだ。
「って、スウェーデン料理ってなんやっけ?」
「‥‥サーモン?とか?」


画像

よくわかんないままに、ローストビーフやらフォカッチャやらトマトソースのパスタやらの皿を取ってきた。
イギリスやイタリアの料理だよなこれ。
「あ、でもローストビーフうめぇ。」
「パスタは‥‥微妙やねぇ。でもベーグルは超おいしい!!もちもち~♪」
石釜パンもふわふわして美味しかったし、IKEAではパン類がおすすめかも?



腹ごしらえも済んだところで、いざ探検。
IKEAはだだっ広い敷地に、モデルルーム形式で家具を展示しているので、見てて面白い。
「6畳の部屋にこのソファを置くとこんな感じですよー」みたいに、実際に部屋に置かれた形で家具を見られるので、イメージが掴みやすいのだ。
全部で○万円で、こんなにオシャレなお部屋が作れます!!っていうのがコンセプトみたい。



画像

ベッドも沢山並んでたので、実際に寝そべったりしてマットレスの具合を確認。
「柔らかすぎても身体が沈んで疲れるなコレ。」
「高さも大事やねぇ。ベッドに腰掛けるなら、ある程度高さがないと。」
あれやこれや言いながら、片っ端からベッドに腰掛けたり寝そべったり‥‥


「む!!これは!!」
とあるベッドに横たわって、ゴロンと寝返りを打った瞬間に俺が叫んだ。
「ん?そのマットレスが気に入ったン?」
「マットレスはどうでもいい。この枕が最高だ!!」

横向きに眠る人用に作られたらしい、首から肩にかけて盛り上がった形の枕が、俺の頭にジャストフィット!!
俺は普段、ベッドの上で横向きになって本読みながら眠るのだが、どうしても首へ負担がかかるのが気になっていたのだ。
それがこの枕なら、首がすっげえ楽。
「これは‥‥運命の出会いだ。うん。この枕買う!!」


画像

そんなワケで、枕購入。
横向いて寝る人にはIKEAの「GOSA LILJA」マジオススメ。



画像

ダダっ広いフロアを延々と歩いて(1kmくらい歩いたんじゃないか?)、ラストに控えしはセルフの倉庫。
なんだこれー。
ここから目当ての商品を探し出して、レジかよ。
「すげえなぁ。外国式だよなぁ。」
「みんな、こんなん持って帰って家で組み立てるんかなぁ?」

もちろん、IKEAだって配送サービスや組み立てサービスはやっているが、あまり積極的ではないみたい。
ていうか高い。
せっかく家具は安いのに、配送と組み立てを頼んだらチャラになるくらいに、その辺りのサービスが高いのだ。
やはり、基本的には「自分で持って帰って、自分で組み立てる」のが前提のお店。


画像

「ベッドにドレッサー、本棚にテレビ台にPCデスク‥‥自分で組んだら何日かかるかなぁ。」
「ていうかそんなスペース無いでしょ。」
「うん。」

正直、こういうのって広い庭の有る家で、DIYというか日曜大工の心得がある人向きじゃないかなぁ。
ウチの環境だとちょっと無理そう。

まぁでも、無駄足だったかというとそんなことはなくて。
やはりいろんなパターンのモデルルームが見られたのは良かった。
相方と、「こんな風に棚を並べたらいいんじゃないか?」とか話し合えたのは大きい。


あと、デザインの好みについて分かり合えたのも。

相方は常々、「ナチュラルな部屋にしたい」って言っていたから、俺は「大草原の小さな家」とか「アルプスの少女ハイジ」的な、武骨な木の風合いを生かしたウッディーな部屋にしたいのかと思っていたのだ。
ところが、実際に売り場を回ってみると、そういうゴツいウッディーな家具は「大嫌い」だという。

相方的には、モノがゴチャゴチャしていなくて、装飾も少ないシンプルな部屋が好みなのだと。
「ナチュラル」という言葉の解釈がまるで違っていた。
危ない危ない。

今日で「新しい部屋」へのイメージが二人で共有できた気がする。それが収穫。

ベッドのマットレスの固さの好みが二人でパキッと分かれたり、まだまだ考えなきゃならない事は多いけれどね。
右側が固めで左側が柔らかめのクィーンサイズのマットレス、ってどこかで売ってないかなぁ‥‥。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック