婚約指輪と誕生日ディナー

4月に発注していた婚約指輪が仕上がった。
さて、どうしたものか。
婚約自体はとっくに成立しているのだし、指輪なんかは淡々と「ほれ、出来たよ」って渡せばいいのかもしれない。
でも、やはりそれは味気ないってもんだ。

色々考えて、9日の俺の誕生日に、婚約指輪を贈ることにした。
誕生日祝いのついで、と書いてしまうと相方は怒るのかも知れないが。
まぁ、単に二人が会える日が6月はあまり無いから、というのも大きいんだ。
イベント事は会える機会にまとめてやらないと。


俺は休みだが、相方は仕事帰りだ。
例によって、夕方にいつもの本屋で待ち合わせ。
果たして、相方はかなりの大荷物でやってきた。
あー。俺への誕生日プレゼントだよな‥‥。


今日は相方に夕食をご馳走してもらうことになっていた。
フレンチレストランなのでフォーマルな格好をして来てね、と言われていたので、俺もスーツを着てきたんだが、
相方もかなりドレッシーな格好だ。
化粧もいつもと違ってバッチリめのメイク。

「私、今日は仕事の後にデートなの」って言わんばかりの格好だ。
それで会社行ってたんか。
俺が苦笑して見せると、相方も笑った。

「ええねん。明日にはどうせ指輪も会社の皆に見せる事になるんやし、もうバレてもかまへんやん?」
「んー。そういうもんかね。」



画像

何はさておき、まずは指輪の受け取りだ。
」本店で、婚約指輪と結婚指輪を受け取って、仕上がりの確認とか、手入れについて説明とか。
あー、出来上がった指輪を改めて見ると、本当にキラキラだなぁ。

店員さんに、サイズ確認のために指輪を着けてみてくれと促されたが、ここで俺がワガママ発動。
「指輪はしかるべき場所で僕の手で着けさせたいので、ここで試しに着けるとかしたくないです。」
ってゴネてしまった。
だって、最初に指輪を左手の薬指に着けるその場所が、「店頭」ってのはイヤだったのだ。

ゴネた挙句、右手の指に着けてみてサイズ確認とさせてもらった。
困り顔の店員さん、スマン。

結婚指輪も同様に右手でサイズ確認して、こっちの指輪はそのまま当分お店に預かってもらうことにした。
式の日まで俺の家に置いておくのもマヌケすぎるだろうし。

婚約指輪だけ受け取って店を出て、いざお食事。



「俄」からチョイと歩いたところにある「ドゥーズ・グー」っていうフレンチレストラン。
お店のチョイスや予約は彼女に任せてあって、俺は当日までのサプライズだったんだけど‥‥
彼女に手を引かれてお店に行ってみて、仰天。

京町屋を改装したシックでシャレたフレンチレストラン。
そこの「離れ」と呼ばれる個室を予約してやがった‥‥!
しかも、貸切。

ああ、スーツ着てきて良かった。
いや、そうじゃなく。
こ、こんな高級っぽいレストランの、個室席でフルコースってお前、これ一体どんだけ‥‥!!
うろたえる俺に、彼女はニッコリと笑って見せた。
「一部上場企業のOLさんを舐めるなよぉ♪」

うー、‥‥まぁ、なんだ。
まぁ、いいか。


画像

「離れ」は文字通り、京町屋の「離れ」を改装した一室で、和風のテイストを残したお部屋。
洒落た庭を眺めつつ、フレンチを味わうことが出来る。
(写真は上手く取れなかったんでHPから転載)


そして運ばれてくる料理がどれもこれも、素晴らしい!!エクセレント!!


画像

塩水雲丹とキャビアのマリアージュ(雪下人参のピューレ入り。)


画像

活オマール海老のポシェ メロンと完熟トマトのクーリ (メロンが超絶に甘い!!)


画像

活ハモとアスパラガス(なんか白トリュフが載せてある)


画像

フォアグラと白桃のアンサンブル(ホタテの貝柱も。ていうか凄い盛り付け。)


画像

黒アワビのやわらかソテー(車海老付き。焦がしバターソースが絶品)


画像

牛フィレ肉のロティ(柔らかい!! 盛り付けも芸術的ー)


画像

フロマージュ(まぁチーズ盛り合わせ。クセ強いのもあるけど美味い)



画像

ラムとミントのジュレ/シャンティショコラと共に(デザート前のカクテル。)


画像

宮崎マンゴーを二種のスタイルで (あの有名な宮崎マンゴー「太陽の卵」だ。)


あー、うー。
なんてこった。
何もかもが美味。
言葉で美味しさを説明するのが野暮なくらい、美味。
いいのか?こんなん食べていいの?死ぬの俺?ってくらいの至福だ。

「美味しいねぇ。絵画みたいだねぇ。」
彼女もニコニコ顔だ。

話を聞くと、以前、会社の接待で連れてきてもらったことがあって、是非また食べたかったのだとの事。
接待!! そういうのもあるのか。
さすが一部上場企業OL。

「よーし、今日から「一部上場企業OL」を略して「ジョジョ」って呼んでやるよ。」
「なによそれ。それより、そろそろプレゼントタイムやない?」
よいしょ、と彼女が抱えて来た大きな荷物を取り出した。


画像

これが、彼女の俺への誕生日プレゼント。
ビアンキのカメラバッグ。メッセンジャーバッグタイプのものだ。
このサイズなら一眼レフと交換レンズを楽々持ち歩ける。

「赤色がなかなか見つからなくて、取り寄せてん。好きでしょ赤。」
彼女が笑った。

その眼には「さ、次はお前の番だ」という光が。



画像

「はいはい。わかってるよ」
と、婚約指輪を。クサい台詞を添えて。(ナイショ)

左手の薬指に着けてあげた。


画像

「ほら、アレやってよアレ。」
ケータイのカメラを向けると、彼女もノリノリで「例のポーズ」。
芸能人なんかが婚約発表の記者会見なんかでやるアレな。

多分、明日、相方は会社で10回はこのポーズやらされるんだろうなぁ。


画像

「そして、婚約指輪のお返しがコレ!お納めください♪」
さらにドン。
彼女からの婚約記念品。


画像

腕時計。
オメガのコンステレーション。
これは俺からのリクエストで、ついこないだ二人で買いに行ったものだ。
指輪と同じく、末永く身に着けられるものという事で腕時計。
オメガのコンステレーションは相方とお揃いのモデルなのだ。

これにて、怒涛のプレゼント合戦、終了。
食後のコーヒー飲んで、シェフに挨拶して、店を出た。

いや、素晴らしく美味で、良いお店だった。
できれば、これからも年に一回くらいは食べに来たいなぁと思った。
貸切個室じゃなくて普通のディナーなら、なんとか‥‥。



「今日は、ありがとうなぁ。」
帰り道。
三条大橋から四条大橋まで、あえて少し遠回りして、鴨川の川べりを歩いた。
随分とお金を使わせてしまって、悪いなぁ‥‥という言葉は、飲み込んだ。
そういうことじゃ、ないんだろう。

「まぁね、一生に一回やしね。」
「‥‥俺の誕生日は毎年あるわけだが。」
「でも、今回は特別やろ。」
そう言って彼女は左手の指輪をキラキラさせて見せた。
ま、そうだな。
誕生日のディナーとしては豪華すぎだが、婚約記念品の交換式と思えば。


「結婚の約束は、とっくにしているしな。今日が婚約というわけではないけれど。」

でも、もっと大切な約束を。

「今日という日を、今のこの気持ちを、ずっと忘れないという約束。その指輪は、そういうことや。」
「うん。約束やね。嘘ついたら針千本、やよ。」


‥‥ちょいとクサめなのは、鴨川の河原に並ぶカップル達にアテられたから‥‥ということにしておこう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2010年06月10日 12:32
わぁ~~ドラマの世界見てるみたい゚+。(*′∇`)。+゚
忘れられない素敵なお誕生日になりましたね。改めてお誕生日、ご婚約、幸せずくめで、おめでとうございます♪♪
私は、「婚約式」とか経験したことないんで、スゴーーいなぁ~!!って思いますw(°O°)w
ホント、幸せいっぱいなのが伝わってきて、ココロがほゎわ~んとなりました。お二人が、これからもずっ~と幸せでありますよーに(*´∀`*)祈ってます♪♪

この記事へのトラックバック