「食べるラー油」を自作する

近頃話題の赤いヤツ。
「食べるラー油」っていうのかな?
桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。
コレがもうめっちゃ旨い、と話には聞くのだ。
だが、どこのスーパーに行っても品切れで手に入らなくて嫌になっちゃう。
エスビーから類似品(?)「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」なんてのも出ているようなんだが、コレもまた品切れまくり。
ムキーッ!!

どうせ数ヶ月もすれば品不足も解消されてスーパーどころかコンビニでだって買えるようになるのだとは思う。
だが、俺のこの高まる好奇心をどうしてくれようか。

「ならば、作れ。」
オカンが言った。

ああ、そうだな。
手に入らなければ、作ればいいのだ。


ネットで情報を集める限り、今人気の「食べるラー油」とは

・フライドオニオンやフライドガーリックなどの具が沢山入っている。
・特にガーリックが美味しさの決め手であるようだ。
・辛さは、ご飯にブッかけてワシワシ食べて丁度いいくらい。

というもののようだ。

ついでに、具入りラー油のレシピも調べたら、出てくる出てくる、美味しそうな「食べるラー油」のレシピがたくさん。
コレなら、何とかなるんじゃないか?

桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を再現する、のはできなくても、自分好みの「具入りラー油」ならば作れそうだ。
よっしゃ、それならチョイとやってみよう。


画像

‥‥そんなワケで、近所のスーパー行って適当に食材を買ってきた。
唐辛子、コチュジャン、ニンニクチップ、乾し海老、クコの実、パプリカ、そして太白ゴマ油。
タマネギとネギ、焙煎ゴマ油なんかは家にあるものを使うことにした。

ちなみに乾し海老とクコの実は「なんとなく」思いつきで買った。
どうせオリジナルなラー油を作るのだから、具は多ければ多いほうがいいと思って。

パプリカは‥‥唐辛子を粉ではなく輪切りのものを買ってしまったので、うまく赤い色が出ないかも‥という恐怖心から「色付け用」に買ったものだ。アホだ。


画像

まずは刻みタマネギをたっぷりの太白ごま油で焼く。というか揚げる。
揚げ物はオカンに禁止されているので、コッソリとね。


画像

ちなみに太白ごま油は生のゴマを搾ったもので、焙煎したゴマを搾ったいわゆる「ごま油」とは別物。
香ばしさは無いがゴマの旨みはある。
別にサラダ油でも良かったんだけど、まぁ感じ感じ。


画像

後は適当に、具を入れてトロ火でコトコト煮るのだ。
なんだか香ばしくていい匂い。



画像

唐辛子は入ってるから辛味はついているが、それだけではさすがに食べるラー油としてはつらい。
味付けをしないと。
まずはコチュジャンをどっさりと。

砂糖を少々と塩をそこそこ、さらに「中華だしの素」を焙煎ごま油に混ぜて、どばーっと投入。
味付けは正直、適当だ。


画像

最後に火を止めてから、醤油をさらりとかけ回して、これで完成。
なんだあっけない。

画像

タッパーに入れてみた。
使った材料からすると、だいたい6~700gくらいにはなった筈だ。
材料費は1500円くらい。
(太白ゴマ油をサラダ油に替えたり、ニンニクを自分で刻んだりすればもっとコストダウン可能なはず。)
桃屋の「辛そうで~」が110gで400円だから、まぁ現段階でもお得といえばお得だ。


画像

割と綺麗な赤色が出た。ラー油の色だぁ。
唐辛子のおかげかパプリカの仕業かかはわからんけど。


本当は、このまま冷蔵庫で1日か2日寝かせて味をなじませる必要があるんだけれど、そうはいってもせっかく作ったからには味見をしてみたいじゃないか。

そんなワケで試食ー。

画像

ほかほかご飯にスプーン一杯程度の「自家製・食べるラー油」をのせて、いざ!


おおう。
カリカリ、シャクシャクした食感がここちいい。
乾し海老入れたのは正解だった。

具材から出る旨みと、唐辛子のパンチの効いた辛味がご飯のアテとして悪くない。
悪くないどころか、いいぞコレ。ご飯が進む。

ただ、辛味は‥‥
「辛そうで辛くないと見せかけてやっぱりメッチャ辛いラー油」って感じになったな。

まぁ、俺としてはこれくらい辛いのが好きなので問題ないけれど。
ただ、オカンは食べないだろうからこのラー油は俺専用になるかなぁ。

ま、ご飯のアテ以外にも、ラーメンにのせたりチャーハンに入れたり、使い道は色々考えられるな。
オニギリの具にはなるかしらん。

これから暑くなってくると、辛いものが食べたくなるだろうし、こういうのが冷蔵庫に常備してあると割と便利かも。

こりゃいいもんができた。うひょひょ。

当分、「白いご飯にラー油」が定番になりそうだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年04月16日 23:09
こんばんは~先越されちゃったわ~
今日TVで、なんとかいうお店の評判の
食べるラー油の作り方を放送していたんです。
ホタテの干したの入れると美味しいらしいです。
干し海老もいい味が出てることでしょう~
そうなんです!売り切れで・・・探すこと
1ヶ月やっと某スーパーまで遠出して
買って来ました「桃屋」辛そうで・・・です。
味見して・・・作ってみます自家製も
クコの実入りはからだによさそうですね^^
2010年04月16日 23:15
「食べるラー油」、実は調べたレシピほとんど無視してかなり適当に作ったんですけど、美味しく出来たんで満足です♪
材料は近所の平和堂で手に入るものってことでこうなったんですが、ちゃんとした中華食材のお店で揃えたらもっと贅沢で美味しいのができるんでしょうねぇ。
それはそれで、日々のお惣菜としてどうなんだという気はしますが。

手作りラー油は、カプサイシンのおかげで日持ちもするし、オススメですよん♪
2010年04月26日 14:34
はじめまして(・∀・)ノ
食べるラー油、どこを探しても売り切れで、ビックリ(οдО;)でも自作するまで思いつきませんでした。スゴーーい!!
レシピとかありますか??もしあれば教えて頂きたいです。。。m(__)m
2010年04月26日 14:58
レシピって言っても、適当なもんですしねぇ。
俺が今回作ったのは、
タマネギ1/4玉をみじん切りにして太白ゴマ油170g(サラダ油でもいいです)でカリッと揚げて、そこにニンニクチップス20g、輪切り唐辛子を20g、コチュジャンを大匙2くらい、刻み葱を少々(一掴みくらい)入れて、海老やクコの実なんか適当な具を入れて、グツグツ。
水分が飛んだら、ゴマ油100gほど(残ってた)に味覇や塩、砂糖なんかで味付けしたものを混ぜて、あとは味見しながら微調整です。
最後に醤油入れたけど、これはお好みで。

結局、ゴマ油で唐辛子を煮込めば、それだけで「ラー油」にはなるんですよ。
あとはそこにどんな具をいれるか、どんな味付けをするか、だけです。
水分少なくてカリカリ系の具なら、なんでも合うと思いますよ。
今ならタケノコとかも面白いかもですねー。

この記事へのトラックバック