紀伊半島一周 -有田から白崎海岸へ-

今年の正月休みは結構長く取れたので、どこかにバイク旅行するつもりでいた。
だけど、いざ休みとなると尻も重たくなりがちで。
ほら、正月料金とか取られるしさぁ。それに寒いし(オイ)
って、モタモタしているうちに一月も五日だ。
もう正月料金も無いだろう。旅に出るなら今がその時だ!!

そんなワケで、前から決意していたわりには、五日の早朝、すんごいバタバタ支度して家を飛び出すことになった。
支度ッたって、カメラと地図と替えのパンツををバイクに積んだだけだけども。

さあ行こう、どこかへ!
‥‥どこへ?


目的地は、和歌山にした。
まだバイクで太平洋には行っていないのに気がついたから。
あと、南紀ってなんか暖かそうやん?

目指すは本州最南端、潮岬だ。
どうせなら、そのまま紀伊半島をぐるっと回って、三重県の方まで行ってみよう。
紀伊半島一周の旅だ。


京都から高速道路で、まずは有田へ。
ってカンタンに書いているが、この日は天気は良かったものの、とても風の強い日だった。
高速走ってても、横殴りの風がガンガン体当たりしてきて、俺、ぐらぐら。
いやもう、死ぬかと思った。
突風が吹くたび、「ぶるぁぁぁぁぁ!」って悲鳴上げてやんの。
いや、バイクじゃなく、俺が。


有田ICを出て下道に下りても、風は強いままだけど、まぁスピード出さないなら、なんとか走れる。
ちなみに何故に有田かというと、高速の出口から即、熊野街道(R42)に出られるから。
ここをスタート地点として、ぐるりと紀伊半島を周ろうという計画だ。


画像

有田は初めて訪れたんだけど、本当にミカンだらけなんだな。
山という山がことごとくミカン畑になってるうえに、街中にもスキマがあればミカンが植えてあるって感じ。
どのミカンの木にも、オレンジ色のミカンがたわわに実っている。

ていうか、道に無造作にミカン落ちてるし!




画像

有田を抜けて、湯浅町。
ミカンも多いが、この街は醤油屋さんやお味噌屋さんもかなり多い。
湯浅の醤油って有名だものね。
醸造業が盛んな街なのだろう。
「発酵」には興味もあるし、多分探せば醤油博物館みたいなのもあるんだろうけれど‥‥
今回、そんなにじっくり一箇所に留まって観光している余裕も無いんだ。
なんたって道のりは相当長いからな。
醤油作りは次の機会に学ぶことにしよう。



画像

湯浅町から、熊野街道を一旦離れて23号線で海へ向かうことにした。
目指すは白崎海岸だ。
スコンと抜けた青空の下、ヤシの木が植えられた、トロピカルな道をひた走る。
ぐいっとカーブを曲がると‥‥海が見えてきた!



画像

海は、やたら蒼く見えた。
地図で見ると、淡路島と徳島県、和歌山で三方を囲まれた辺り。
これは‥‥太平洋と呼んでいいのか?

つまりは、この海の向こうには淡路島があるのだ。
去年、淡路島を一周した時に眺めたあの海を、今は反対側から眺めているわけだねぇ。



画像

さらに海岸沿いを進むと、JOJOに徐々に奇妙な岩が増えてきた。
真っ白な巨岩が、海からニョッキリと突き出している。
ここが、白崎海岸だ。



画像

この白い岩(逆光になっちゃったけど)は、石灰岩。
秩父帯南帯とかいう石灰岩の地層が四国に向けて沈んでいく(プレートテクトニクスだね)のがこの海岸だとのこと。

要するに、この辺り一帯、石灰岩だらけ。
万葉の昔から、景勝地として知られていたらしい。
現代ではダイビングスポットやキャンプ場として有名で、つまり夏には人で賑わうんだろうけどこの季節は人気も無くガランとしている。


画像

白崎海洋公園で休憩。
海に突き出た「岬」の筈なんだけど、周りがぐるりと石灰岩で囲まれているせいで、まるで雪山に来たみたいにも見える。
かなり広い公園なんだけど、やはりこの季節は人影もまばらだ。

売店のお姉さんも、めっちゃヒマそう。
飲食メニューがあったので、飯は食べられるのかと聞いたら
「きつねうどんしか無いですー。あっちのレストランなら色々ありますー。」
と、公園の反対側を指差された。


画像

しょうがないから、ぐるりと公園を周ることにした。
公園の三方はぐるりと石灰岩で囲まれているが、西側は海岸になっている。
波は強いが、綺麗な海だ。

で、レストランどこなのさ?


ぐるりと白い岩山を周り込んだ先に、ダイビング関係の施設と並んでレストランがあった。
やれやれ、やっと昼飯にありつける‥‥と思ったら。
すごい、お値段。
いやまあ、観光地ってのはそんなもんだが‥‥
むむむ。
お手ごろ価格の食事メニューは‥‥
「‥‥すいません、きつねうどんを下さい‥‥」

きつねうどん、美味しかったよ!


画像

飯食った後は、再び公園内をウロウロ。
オートキャンプ用のバンガローやコンテナハウスが、白い巨岩の前にズラリと並んでいる。

どっちを向いても、岩、岩、岩。
あれ、どこかでこんな景色、見たことあるな‥‥

しばらく考えて、気がついた。

「‥‥あ、ドラゴンボールの背景がこんなんだ」




画像


さてさて、そろそろ先に進まねば。
白崎海岸を後にして、一路、南へ。
海沿いの道から、山の中へ。
山の中から市街地へ。
走るよ走る、バイクは走る。

あいかわらず風はピューピュー吹いているが、太陽はポカポカと暖かいし、いい感じ。

「そういえば、宿を探さないとな。」
思いついて、ファミリーマートで和歌山のガイドブックを買った。
ま、この時期ならホテルの部屋くらい空いているだろ。

替えのパンツ以外は全て現地調達だ。
もうちょっとちゃんと準備した方がいいんだろうなぁ。



さあ、ホテル取っちゃったし今日中に潮岬まで行かないと。
いそげー。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック