晴明神社とピネライス

年が明けてからこっち、見事なまでの寝正月。
ひきこもってゲームしたりマンガ読んだり‥‥子供か俺は。
気がつけばもう1月も3日。
せっかくいい天気だし、いいかげん外に出てみよう‥‥。

「出かけてくるでぇー」
「ゴミは買うて来たらアカンで!」
福袋のことをゴミって言うなオカン。


さてさて、どこに行こうか‥‥と、しばし考えて、堀川一条の晴明神社に参拝に行くことにした。
そういや去年は参ってなかったので、二年ぶりだ。
いいかげんな信仰心だ。


二年前にも書いたが、俺はこの近所で産まれて、名前を晴明神社で名付けてもらった。
晴明神社のご神体といえば、陰陽師の安倍晴明。
その「晴明」から一文字、頂いているのだ。
そんな縁で、この神社には思い入れが深い。

学生の頃は、陰陽道や風水にも興味を持って、色々と本を読みふけったりもしたしね。
陰陽道、面白いよ。節分に豆まいたり、端午の節句や七夕も陰陽道に由来するんだわ。
例えば鯉のぼりが五色に分かれているのは陰陽五行に由来するらしい。
ゴレンジャーは‥‥どうだろう?

そして今、鍼治療を受けているんだけど、こういった東洋医学も陰陽五行の考え方がベースにある。
つまりなんだかんだ言って、陰陽道はフツーに現代日本の日常生活に溶け込んでいるワケだ。


画像

話がそれたが、そういうする間に晴明神社に到着ー。
正月も三日目だというのに、それなりに人が多かった。


画像

一条戻り橋の欄干と式神さんの像。
この欄干は、一条戻り橋の架け替えの時に古いやつを神社内に持ち込んだもので、一条戻り橋自体は今も堀川に架かっているよ。念のため。



晴明神社は、俺が子供の頃は結構寂れた神社だったんだが、ぶっちゃけた話「陰陽師ブーム」以降、参拝客がムチャクチャ増えて、そして神社はムチャクチャ綺麗になった。

画像


晴明井は安倍晴明が念力で(!)湧出させた井戸なんだけど、以前はもっと普通の井戸だったよなぁ‥‥

いや、別に昔は良かったというつもりはない。
参拝客が増えて、財政的に潤った分を神社を綺麗にする為に使うのは正しいし、良心的だとすら思う。


画像


画像

けど、来るたびにオブジェが増えているのは、さすがに少しビビる。
安倍晴明公の像も、この桃も、前からあったっけか?

これが例えば伏見稲荷なら鳥居が増えたりするんだろうけれど、敷地面積の小さな晴明神社は、こういう風にするしかないのかもね‥‥


子供の頃、晴明神社はいかにも物の怪が出そうで怖かったんだ。ひっそりしてて薄暗くて。
星型のマーク(清明桔梗という)も、なんだか怖かった。
クルマがびゅんびゅん走る、街のど真ん中にこんな神社があるのが、魔界への入り口みたいで。
そんなトワイライトゾーンなイメージがあるので、現在の、人でにぎわってて明るい神社に違和感があったり。
いや、いいことなんだけどさ。


画像

おっと、参拝を忘れちゃいけない。
二礼二拍手一礼。パパンがパンっと。(クックロビン音頭か)
何をお祈りしたかはナイショ。


画像

本殿の脇には、絵馬を奉納する場所が。
ここに、人の願い事が沢山集まっている。
五芒星の描かれた絵馬に思いを託して。

‥‥実は子供の頃、この絵馬も怖かったんだよな。


画像

せっかくだから、お守りを授かった。
なんだかんだ言っても、俺は安倍晴明公のファンだからなー。
いただいたのは「勝守(かつまもり)」つてヤツ。
とにかく「勝つ」らしい。何に勝つのかは知らない。



画像

おみくじも。小吉だった。
んー。よくわからんが「チヤホヤされて調子に乗ったらアカン」って書いてあるようだ。
俺がいつチヤホヤされたかー。



さて、いくらなんでも神社にそうそう何時間もいられるもんじゃない。
そろそろ腹も減ってきたし。
どこか昼飯を食べる場所を探しつつ、繁華街にでも出るかねぇー。
さしあたり、二条駅に向かってポテポテと歩く。


画像

途中、一条戻り橋を通り過ぎる。
この橋を渡ると死んだ人の魂は戻ってくるわ、花嫁さんは実家に戻ってきちゃうわで大変なことになるらしいよ。
俺はこの間、払いすぎた税金が戻ってきたのでもういい。渡らない。



画像

堀川沿いの遊歩道を歩く。
この、堀川というのは少し前までもほぼ水流のない涸れた川だったんだが、何年か前から京都市が「堀川をちゃんと川にしよーぜ」って工事して、去年辺りから水の流れる川になっている。
賀茂川からサイフォンで水引いてきているだけなので厳密には川じゃないみたいだけど、街の中にせせらぎがサラサラと流れているのは素敵だ。



画像

ふと見ると、石垣にひしゃくが立てかけてあった。なんだこれ?


画像

『この「ひしゃく」で植木に水をやっていただけませんか』
えー!?
頼まれちゃったよ。

人の善意に頼るシステムか。素晴らしい。

画像

よっしゃよっしゃ、と植木に水を。
植木、けっこうあるよな‥‥けっこう重労働だぞコレ。



いいことしたあとは気分がいい。メシもウマイってもんだ。
‥‥ってそういえば昼飯食ってないや。
というかこんな川沿いの遊歩道歩いてちゃ飯屋さんなんか見つからないわな。


堀川商店街は3が日は休むと決めたみたいで、軒並みシャッターが閉まっている。
ああもう、どうすんだー‥‥
拙い記憶と食欲センサーに任せてフラリフラリとさまよった果てに見つけたのは‥‥


画像

キッチン・ゴン。
あら懐かしい。

キッチン・ゴンはピネライスで有名な京都のB級グルメの名店だ。
ゴンは開いていたかー。
あな嬉しや。


ちなみに「ゴレンジャー」のキレンジャーが劇中でカレーを食べまくっていたのは「スナック・ゴン」というお店なのだが、ここでは関係ない。
だが、キレンジャーもここのピネライスなら気に入ると思うんだ。


画像

ピネライスというのは、チャーハンの上にカツを載せて、その上からカレーをかけたもの。
トルコライスのナポリタン抜き、みたいな感じ。
これぞB級グルメ!!って感じの料理なんだけど、これがまた美味しいんだ。
チャーハンも目の前でジャージャー炒めてくれるしカツだって揚げたてだし。
手は抜いていないぞ、って感じの味。

いやー、ここでビネライス食べるのも久しぶりだなぁ。

ちなみにピネライスの「ピネ」っていうのはフランス語で「薄いカツ」の意味なんだって。
だからカツは分厚く出来ない‥‥らしい。
ブ厚くても俺は一向に構わんのだけど。

ちなみにピネライスのカツはポークとビーフ選べる。
今回はポーク頼んだよ。850円。
喫茶メニューとしてはちょっと高めな気もするが、美味しかったからいいや。

ふう、ごっそさん。


時間は3時半かぁ。さて四条烏丸に出るか京都駅に出るか‥‥
その時の気分で決めようかねぇ。


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

kopanda
2010年01月05日 23:01
PLAESEPEさん
あけましておめでとうございます
kopandaです。

私も晴明さんで名前付けてもらいました
母が西陣の方だったので。
今もアルバムに命名の紙が張ってありますよ。
だから、何となく思い入れがあって
時々お参りに行っちゃいます。
2010年01月07日 01:02
kopandaさん、あけましておめでとうございます。
僕は晴明さんがいくつか挙げた候補の中から、いいのを選ぶシステムでした。
その名前リストを見せてもらった記憶はあるんですが、どこいったかな‥‥

今は神社で名前付けてもらうのって流行らないんですかねぇ。
僕はいつか、自分の子供できたら晴明さんで名前つけてもらいたいです。僕に命名権があればですが‥‥

この記事へのトラックバック