【乙幡啓子さんが古雑誌でつくったポチ袋】買えた

画像

乙幡啓子さんが古雑誌でつくったポチ袋
デイリーポータルZなどで活躍中の工作系ライター、乙幡啓子さんが、「地球のココロ」というエコ系サイトの企画で切って貼って手作りしたリサイクルポチ袋だ。(記事はこちら)
そのポチ袋を、買ってしまった。
いや、買えてしまった。
手作り一品物ですよ?この世で限定3人のみの商品ですよ?
ひゃっほう。




いや、俺、乙幡啓子さんの大ファンなのだ。
サーモグラフィー模様のセーター編んだり、深海魚の鯉のぼり作ったり、パールライスでネックレス作ったり。
そんな奇抜な発想のネタ工作も好きだし、クールで力の抜けた文章の語り口もいい。
この人の記事で、ネットで読める分はほぼ全て読んだんじゃないかな。
著作だって買っちゃったぞ。



俺がたまーにネタ系のお菓子やパンを作るのも、多分にこの人の影響がある。
文体も少し影響されているのかもしれない。
ま、とどのつまり、尊敬してやまない人なわけだ。





「地球のココロ」でのポチ袋手作り記事は、サイトの性質上、いつものブッ飛んだ工作ではないのだけれど楽しく読ませてもらった。
出来上がったポチ袋は、元が古雑誌とは思えないくらいオシャレで、思わず「欲しい!」と思ったんだ。

同じように「欲しい!」って人が多かったらしく、ニフティから限定3セットの販売になったんだけど、まぁなんというか買えて良かったというか。
これもクリスマスイブにパソコンの前に張り付いていたおかげだ。
とほほほほ。



画像

正直言って、あこがれの乙幡姐さんの手作り、というのに価値を感じている気持ちも強いんだけど。
でも、ポチ袋単体で見ても、オシャレでいい出来でしょ?
雑誌の中から袋になりそうな一部を切り抜く、その選択眼とセンスがいい。
よく見ると、切って折って貼って、の工作がすごく丁寧で、あらためてすごいなぁと。



画像

ちなみにポチ袋は結束して、この大きな封筒に入れて送られてきた。
この大きな封筒も、乙幡さんの手作りなんだろうなぁ。


いや、良いものを手に入れた嬉しさでついつい舞い上がってしまったが、「乙幡姐さん萌えー」を抜きにしても、こういうハンドクラフトってやっぱり温かみがあっていい。
俺もやってみたくなるってもんだ。
記事中では封筒用のプレートを使っていたが、あのプレートってどこで手に入るんだろう。
東急ハンズ行ったら売ってるかね?今度探してみようっと。




妄想工作
廣済堂出版
乙幡 啓子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック