トイカメラ三昧

画像

アホほど寝たら熱も下がって来たんで、四条寺町のイエローカメラまで出かけて写真のプリント受け取ってきた。
トイカメラHOLGAで撮ったものだ。
撮影中に思いっきり裏蓋が外れるというアクシデントが二回も発生したんだが、2/3くらいの写真がなんとか無事にプリントできた。

35mmフィルムならカメラの裏蓋外れた時点でフィルム一本全部パアになるんだが、ブローニーフィルムは裏面に遮光処理がされてるんで、光が入っても前後3枚位がパアになるだけで済むんだ。
普通の35mmフィルムカメラならそんな簡単に裏蓋外れないけどな!



画像


画像



画像



画像



まぁ、なんでこんなの撮ってるんだというような写真ばかりだ。
だが、それが楽しい。

四隅が暗くなるトンネル効果と、ピントの甘さ、プラスチックレンズ特有の描写のゆるさがタマラン。



画像



画像


HOLGAで建物なんかの写真を撮ると、妙にオモチャっぽく写るのがおもしろい。
なんか、ミニチュア細工みたいだ。




画像

イエローカメラ寄ったついでに、学研の「大人の科学」買って来た。
以前テルミンが付録のときに買って以来だから久しぶりだ。

今回の付録は「35mm二眼レフカメラ」!
二眼レフのトイカメラといえば「ブラックバードフライ」が有名で、欲しいなと思ってたんだがお値段12600円ナリ‥‥
その二眼レフが、学研の付録で2500円で手に入るのだから、こりゃ買わざるを得ないってもんだ。


画像

学研「大人の科学」の付録ってことは、当然自分で組み立てなきゃならんわけで。
大量の細かいプラ部品とネジにクラクラしながらも、必死こいて組む、組む、組む!

ちなみにテルミンの時より難易度は高め。
説明書はさすがの学研クオリティでわかりやすいんだが、なんせ細かい。
組み立てられない人、いるんじゃないかなー、ってレベルだ。


画像

接着剤は使わないが、どこもかしこもネジで止める。
レンズもねじ込み式だよ。
二つのレンズをギュッギュッとねじ込んで、ようやっと完成ー。


画像

こんな小さな、ちゃっちいカメラだがイッチョマエに35mmフィルムが装填できる。
大丈夫かなー、これで裏蓋開いたらシャレになんないぞ。


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック