そういうこともあるだろう

アクセスカウンタ

zoom RSS 四条河原町カフェめぐり

<<   作成日時 : 2009/10/11 23:39   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

待ち合わせの時間が迫ってて急いでいる所を、お祭りの御神輿に出くわすというのは縁起いいのか悪いのか。
頼むよ神様、俺は道を渡りたいんだ。おーくーれーるー!

ドタバタしつつ、四条河原町の待ち合わせ場所へ。
今日は河原町近辺のカフェで、お茶とおしゃべりを楽しもうという趣向だ。
最近、カフェに行く機会が増えている。
俺自身、味をしめたと言うか、なにかと「カフェでも行きますか」って感じだ。
オッサン独りでは入りにくいお店に、コレ幸いと人を誘っている。


今日はいい天気で、四条河原町近辺はなかなかの人手。
繁華街の喧騒を逃れて、まずは西木屋町を上がったところの「ソワレ」へ行く事にした。

「ソワレ」は、カフェというよりは老舗の喫茶店。
昭和23年創業だそうだ。
ウチのオカンも若い頃よくお茶をしたってさ。


店内は昭和モダンの空気漂う、レトロなたたずまい。
ていうか、
「青ッ!」


画像

ここの喫茶店、照明が青いんだ。
もちろん、安っぽいLEDの青とは違う。
少し紫がかった、深みのある蒼い光だ。
アンティークな内装もあいまって、なんとも不思議な、非日常な空間になっている。

不思議時空の中で、コーヒーを飲みつつ、会話。

俺はそんなに社交的な人間というわけでもないが、人と話すのは実のところ結構好きだ。
気心の知れた人間と、その人との間でしか通じない隠語を交えてのぶっちゃけトークも好きだし、
初対面の人と話すのも、最初のとっかかりさえ掴めれば割と好きだ。
話しながら、その人がどんな人なのかが徐々にわかってくるのが楽しい。
もちろん、自分のことを伝えるのも、恥ずかしいけれど、嫌いではない。

カフェという空間は、不思議だ。
人の心を開くチカラがあるような気がする。

青い照明の中、言葉を交わす。
のんびり、ゆったりと時間を過ごす。


一時間ほど話し込んで、次は和カフェ「季の音」へ向かった。
「季の音」は俺が行きたかったのだ。前から。

オトコ独りじゃ入りにくいし‥‥と言ったら、「最近は男の人でも大丈夫ですよ」って笑われたんだけれど、なるほど、俺たちの前に高校生くらいの男子4人組が「季の音」に入っていった。
ふむ、いいなぁ男子スィーツ仲間。

「季の音」は和カフェを名乗るだけあって、内装も純和風。
まぁ新しいお店なので、老舗のような重みは無いけれど、明るくてオシャレな感じだ。
さすがにオヤツ時なんで混んでいたけれど、割とすんなり席につけた。

俺は抹茶シフォンケーキ、同行の女の子は黒豆アイス。それぞれ紅茶をつけて。
(撮るの忘れて食べてしまったんで写真は無いけど)


画像

テーブルに生花が飾られているのが、ちょっといいなと思った。

アロマの話とか健康の話とかしながら、ケーキをつつく。
さすがお店のシフォンケーキはふんわりしてるなぁ。
ケーキには生クリームと小豆が添えられているんだが、割と甘さは控えめでさっぱり食べられた。

気がつけば、夕方五時を回っていた。
うわ、三時間も話し続けていたのか。
あっという間だったなぁ。



それじゃあまた、と解散。
せっかく四条河原町まで来たんだから一人で買物とかして帰る手もあったんだけれど、今日のところは真っ直ぐ帰る事にした。
せっかく、ゆったりのんびりとした時間を過ごせたのだから、「ついで」で何か用事をするとその「のんびり」が台無しになる気がしたから。

今日は、カフェでゆっくりしました。

で、一日を終わるのがいい。

それが、俺のカフェへの敬意。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウンター.com
四条河原町カフェめぐり そういうこともあるだろう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる