そういうこともあるだろう

アクセスカウンタ

zoom RSS 上野動物園のアイツに会いに行く

<<   作成日時 : 2009/08/22 01:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

東京旅行もラストもラストなのである。
今回の旅は、周囲には「ガンダム見てくるね」と言ってあった。
だが、実はお台場ガンダム以外にも、ある目的があったのだ。
「いよいよ、アイツに会える時が来た‥‥!!」


画像

アキバから山手線で上野駅へ。
ここ上野に、今回、とうしても会いたかったヤツがいる。
時刻は午後3時半。
少し、微妙だ。
前日から散々歩いて、足はかなり痛んでいたが、かまわない。
あと少しなんだ。
歩みを進める。


この日もかなりいい天気で、上野公園には大勢の人がいた。
上野も、浅草と並んで俺の好きなエリアである。
アキバと違って、そんなにヘンテコなモノがあふれているわけでもないが、落ち着いた雰囲気と、それでいて交通の便がいいところが気に入っている。


画像

‥‥ヘンテコなもの、発見。
なんですかあなた。
ミケランジェロのダビデ像ですかそうですかそんなわけないだろ。


あまりの衝撃にしばらく固まってしまったが、多分、この人は「パフォーマンス」の人なのだろう。
おそらくは、朝は全身白塗りだったのだと思う。
汗で流れ落ちて、試合終盤のグレート・ムタみたいになっちゃってるんだな。


画像

これが「アート」か‥‥
と思っていると、ダビデさんは一瞬で弥勒菩薩像に変化してしまった。
この人のレパートリー、いくつくらいあるんだろ。
そのうちネタ切れてきて、「ジョジョ立ち」とか始めたら面白いんだがなぁ‥‥


おっと、こんな事してる場合じゃない。
俺が見たかったのはこんなんじゃないんだ。
上野公園を突っ切って、上野動物園へ。
600円払って入園ー。
ちなみにチケット売り場に「今、上野動物園にはパンダはいません」って貼り紙がしてあって悲しかった。

画像

‥‥ゲートを抜けた先に。
だーかーらー、もうパンダは居ないんだよう(涙)


この日の上野動物園は夕方17時で閉園になっていて、動物によっては16時半で閉めちゃうらしい。
あと小一時間。
オーケー、それだけあれば、ヤツとの面会には十分だ。


小走りで、動物園内を駆け抜ける。目指すあいつは西園だ。


まぁ、お目当ての動物がいるったって、他の動物を全く見ないってわけでもないけれどさ。
通り道にいたヤツらは見ていくよー。


画像

リアル・リラックマ。
いやリラックスしてるんじゃなくて暑さでへばってるだけかもしれん。
でもすぐ横の檻ではシロクマくんが元気にのっしのっしと歩いていたしなぁ。



画像

ラマ。
アンデスあたりの動物だったかな?
この動物知っていると、「動物の名前しりとり」をする時に少しだけ有利になるよ。



画像

カビパラ。漢字で書くと「水豚」だけど、ネズミの仲間。
ゆるキャラの「カピバラさん」にそっくりだなぁ。いや、逆なんだけれどさ。
実は食べると美味しいらしい。
ローマ・カトリックでは金曜日は獣の肉を食べちゃイカン、ということになっているんだが、
カビバラさんは川を泳いでるから「魚の仲間」だということになってて、食べてもいいんだと。
汚いさすがバチカン、きたない。
いや仏教でもさんざん同じようなことしているんだけれど。



ロープウェイで西園に移動。
アイツはここに居るはずだ。たぶんフラミンゴとかのいるあたり!


画像

ロープウェイ降りて少し歩くと、ペンギンさんがわんさか。
ペンギンさんはどこで見てもいつ見ても、群れで仲良くしてる。
かわいいよなぁ。
ちなみにローマ・カトリックではペンギンも魚の一種なので金曜にも食ってよし、らしい。
汚いさすがバチカン(以下略)



キョロキョロと辺りを見回し、目的のアイツの檻を探す。
‥‥
‥‥‥

‥‥‥あっ!


画像

いたーっ!ハシビロコウだっ

近頃人気急上昇、鳥界のミスター・ダンディことハシビロコウ。
俺はお前に会いたかったんだっ!(マジ)

画像

マイナーな動物だとばかり思っていたハシビロコウ先生だが、ここ上野動物園ではそれなりにプッシュされているようで立派な解説カンバンも作ってもらっていた。


画像

木靴のようなクチバシ、そして落ち窪んだ、鋭い目つき。
頭の後ろにピョコンとした寝ぐせっぽい毛。
ムチャクチャかっこいいぜハシビロさん。


画像

檻につけられた注意書きのカンバン。
一人称が「わたし」。
そしてうやうやしい敬語。
銀河万丈か若本規夫あたりの声がハマる感じ。
他のカワイイ系動物なら「ボクたちが〜(中略)してね!」になってると思うんだ。
ハシビロさんのダンディーさがよく出ていると思う。
上野動物園はハシビロさんのキャラをよく掴んでいる。


画像

ハシビロさんは上野動物園には5羽いる筈なんだけど、この日は2羽の姿が見られた。
朝から張り付けば5羽見られたのかな‥‥?
2羽めのハシビロさんは建物の中でじっとしてた。
というか、ハシビロコウは「動かない鳥」として有名で、とにかく動かないのだ。
建物の中のハシビロさんは、剥製だといわれても信じる人がいるだろう。
そんなところもダンディーでかっこいい。


画像

ハシビロさんの後ろ頭。
アホ毛がかわいい。


画像

ハシビロさんを見に来るお客さんは多い。
そしてみんな、割と長時間、ハシビロさんを見続けている。
スッとスルーできないインパクトがあるのだ。


画像

しばらく檻の周りをウロウロしながら写真をパシャパシャやっていると、ハシビロさんが座ってくれた。
おーけー、いいよいいよー、目線コッチにお願いしますー。
ハシビロさんマジかっけーっす。


いや堪能した。
こんな事なら、ちゃんと朝から上野動物園来れば良かった。
来年はアキバ巡回を縮小して上野動物園メインで回るかな。


画像

お土産でも買うかと、売店をちょろっとのぞく。

‥‥パンダはね、もうここにはいないんだよ。


代わりにハシビロ先生が人気になったりしたら、ぬいぐるみ作ってもらえるんかなぁ?
いや、笑い事じゃなく、もう少ししたら、ブレイクするかもよ、ハシビロコウ。



画像

閉園時間も近くなって、動物園を出て、不忍池の周りをブラブラと。
夕日に輝く水面を、恋人たちのボートが走る。
井之頭公園でボート漕いだら別れる、って都市伝説は有名だが、確か不忍池にもそんな伝説があったと思うんだがなぁ。
「‥‥これがホントの『デスボート』、なんつってな。」
あまりうまくない冗談だ。

さ、行こう。


なんとなく帰りたくなくって、マクドナルドでウダウダしたりしてたが、観念して18時の新幹線で京都へ。
ガンダム、お台場、電氣ブランにアキバにハシビロさん。
移動距離は長くないし、ゆったりしつつも、なかなか密度の濃い旅行だったと思う。
楽しかった。
やはり、東京は面白い。
面白いものは東京に集まると言った方がいいか。

大自然につつまれてのんびりもいいが、たまには心の面白アンテナをギンギンにして都会を歩くのもいいものさ。
来年は吉祥寺あたりも回ってみようかなぁ。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、PLAESEPEさん。
いつも楽しく読ませて頂いてます。
同じ京都育ちで同年代(たぶん)で、
共感することがすごく多くて、
親近感むちゃくちゃあります。
私も少し変なマイナー志向系なので。

今日はとうとう書かずにいられなくなってしまい、
初めてコメントします。
「上野動物園のアイツ」というタイトルを見て
もしかしてハシビロコウ!!!…と直感。
でも、ちょっとびっくりしました。
ハジビロコウ!!私も大好きなんです。
元々、生パンダ一筋●十年で上野動物園に
パンダさんに会いに行くうち、ハシビロさんに
出会い一目ぼれ。かっこいいですよね。
もちろん、パンダさんは別格ですが。
やはり、PLAESEPEさんが取り上げはるものは
いつも私の期待を裏切りません。
ものの見方が似ているのかも。
これからも楽しみにしてます。(^_^)/

kopanda
2009/08/22 14:32
はじめましてkopandaさん。
少し変なマイナー志向系って‥‥(笑)
まぁ、そうなんですが。

上野動物園のワードでハシビロコウネタと見抜かれるとは(汗)。
でも本当にハシビロさんは格好いいですよね。
ハシビロさんが上向いてクチバシを「カポッカポッ」と鳴らすところを見たかったんですが、俺の滞在期間じゃ無理でした。
kopandaさんは見たことありますか?

京都の岡崎動物園にもハシビロさん来ればいいのになぁ‥‥
できればパンダも‥‥。
PLAESEPE
2009/08/22 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウンター.com
上野動物園のアイツに会いに行く そういうこともあるだろう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる