そういうこともあるだろう

アクセスカウンタ

zoom RSS オトコ一匹、お台場散策レトロ風味

<<   作成日時 : 2009/08/19 02:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

お台場という土地には、昔から(と言っても10年くらい前か)少し嫌ーなイメージを持っていた。
カップルが夜景見てキャーキャー言ってるだけの場所、みたいな。
「けっ」
そんな感情。
へいへい、ひがんでますよ。
そんな、絶対行かないだろうと思っていたアウェイ中のアウェイ、お台場にガンダムにつられて来てしまったのだ。
しゃあない。俺もいいかげん大人になろう。
少し、お台場ちゃんと仲良くなってみようじゃないか。

そんなワケで、昼ガンダムを堪能したあとはお台場観光に繰り出した。
観光ッたって、海浜公園周辺のいわゆる「ベイサイド州」だけだけどな。
お台場をオッサン独りで徘徊だ。うはww


画像

まずはここだ。お台場といえばフジテレビ。
実は俺はテレビはあまり観ない人間なので、どうかなーと思いつつも入場した。


いきなりステージで中学生くらいの女の子グループが歌い踊ってて、大きなお兄さんたちが声援を送っている光景に出くわし、ビビる。
てことはアレか、あの女の子達は芸能人か。

女の子グループはアイドリングとか言うそうだ。
3号だの7号だの言ってるから、AKB48みたいなもんかね。(AKB48はわかるんかい)
周りでキャーキャー言っているお兄さんたちはアイドルオタクか。
俺みたいな人種にとっては親戚みたいなもんだなぁ。嫌な親戚だ。

ちなみにステージは撮影禁止だそうだ。
まあそりゃそうだな。


画像

バカ広い敷地内には、「嵐」のブースやらタレントグッズの販売店やら、なんか華々しい雰囲気。
女子アナの考案した料理を出すという触れ込みのカフェみたいなのまでありやがる。
全体にポップなムードを出そうとしているんだなぁ、と感じるが‥‥
俺の子供の頃、嵐山一帯がこんなムードだったよなぁと思った。
タレントショップが乱立して、ビートたけしのカレー屋さんとかあった頃の嵐山の雰囲気がする。

タレントグッズの店も見てみるが‥‥
「浜田大明神」とか、ああ、こういうのテレビでやってるんだろうなぁ、という感想しか出ない。
うーん、テレビ観てないとサッパリだ。


画像

お、ビール売ってる。
ていうかよくよく見れば、屋台も結構出てる。
カキ氷も焼きそばも。
夏休みの間だけ、なんかな?


画像

とにかくこの日はピーカン晴れで暑かった。しかもこちとら、さっきまで炎天下でガンダム見てたんだ。
喉がカラッカラだ。
グレープフルーツのジュースくらい飲んだっていいよね?
アルコール8%って書いてあったのはナイショだ。


建物内1Fにも明治製菓のブースがあったし、要するにここいら辺はスポンサー企業のブースが出展されているということかな。
ちなみに明治製菓ブースでは「きのこの山vsたけのこの里 人気投票」とかやってた。
そんなもん、きのこの山に一票だ。

本来、フジテレビ社屋の移動はチューブ型エスカレーターでスムーズに移動が出来るとの事だが、夏休みで人が多いせいだろうか、チューブエスカレーターは2ラインとも「下り」にしてあって、登るのは階段で行け、との事。
マジかよ。
ブーたれながら、階段を上がる。
とりあえず、あの丸い玉の中の展望台に行こうとしたのだ。

画像

7Fには「めざましテレビ」の‥‥なんだっけコイツ。あの時計がいた。
コイツの顔見ると会社行かなきゃ‥‥って気持ちになるからキライだ。
ここ7Fにあるフジテレビのお土産ショップで少し買物した。


画像

あとなんか、「僕のなつやすみ」っていうプレステのゲームのブースが何故かあった。
中は涼しいので一休み。
PSPで遊ぶ二宮金次郎の像があったよ。


7Fからエレベーターで、あの丸い展望台に上がろうとしたら、なんと有料パスがいるらしい。
会社見学のエレベーターが有料なんて、ウチの会社でもやらないぞ。
プンスカ怒りながら、5Fへ。

5Fは「きっかけストリート」とかいって、スタジオやらセットやらが見学できるみたい。
ここも撮影禁止バリバリ。
見学路には、番組にちなんだアレやコレやが展示されている。
「いいとも」のテレホンショッキングのセットとか。
記念撮影したいな、と少し思ったが、独りじゃ話にならん。


画像

さて、これは何でしょう?
正解は「サザエさんの町内のジオラマ」。
真ん中の家が磯野家な。
昭和かよ。‥‥って昭和だよな。


画像

「サザエさん」の東京と、現実の東京。
サザエさんの舞台は世田谷区という設定らしいから、お台場と比べちゃいかんかも知れないが。
世田谷ってあんなんなの?

あとはワンピースの船とかちびまるこちゃんの直筆台本とかー。
俺にわかるのはこの程度だ。他の展示物もたくさんあったが、俺にはワカンネ。
テレビ大好きな人は行くと楽しいと思う。ナンシー関さんとか(亡くなってます)。


そのあとは「アクアシティお台場」をぐるりと。
オシャレなショップと素敵なレストランの複合施設だ。
ええと、写真が一枚も撮れてなかったことに気がついて自分でも驚いてるんだが。
中年のオッサンが独りで入って楽しいところではない、とだけ。


その横、「デックスお台場ビーチ」。
これも商業施設なんだけど、こっちは楽しかったー。

画像

デックスお台場内、「台場一丁目商店街」は昭和の町並みを再現したフロア。
だいたい昭和40年代〜50年代くらいの設定かなぁ。
レトロな駄菓子屋さんや雑貨屋さん、飲食店がズラリと立ち並ぶ。


画像

ゲームコーナーなんてこれだもの。
オバQのエレメカなんかよく探してきたなぁ。
他にも駄菓子屋の前によくあったメダルゲームとか。
「国取りゲーム」に2009年にもなって再会するとは思わなかったぜ。

画像

ジャンボマックスに快傑ライオン丸!あかん、テンション上がる。
昔のソフビはみんなバンザイしていたよな。


画像

フロア内の店舗は全て昭和の雰囲気に統一されているんだが、さらに、そこかしこにこういうディスプレイというかセットが組まれていてムードを盛り上げる。
そうそう、子供の頃はこんなんだった。

で、お気づきかと思われますが、このフロアの写真だけ、わざとレトロな感じに画像補正してありますよ。
(このジェネレータを使用しました)
少し悪乗りしたと思っているが、反省はしない。
ちなみに本当の色味は

画像

こんなんだ。さすがに、思い出補正しないと、「作った感」はぬぐえないね。


画像

他にも飲食店の机が学校の机だったり(メニューもあげぱんとかあるし)、もう泣かさんといて欲しいわー。
多分、この商店街は、若い子がレトロな雰囲気を楽しむというのがコンセプトなんだろうけれども、絶対にこれが楽しいのはオッサンオバチャンだ。
ぜひ訪れて、そうそう、こんなんだったよなぁ!って盛り上がって欲しい。

個人的には学校机のなかにカビカビのパンとか入ってると100点だったんだが。無理か。


画像

おまけ。昭和っぽく補正したガンダム。万博っぽい。


そしてさらに、デックスお台場ビーチには「台場小香港」なるフロアもある。
こっちはもう

画像

香港。
楽しいホンコン愉快なホンコン。


画像

このごちゃっとしたネオンがいかにもそれっぽい。

ここも、作りこみはハンパじゃなくてトイレの中までちゃんと香港っぽくディスプレイされている。
ただ、どうしても店内の貼り紙やPOPに日本語を使わないわけにはいかないから、完全には香港になりきれてないけど。

香港らしく風水グッズなんかも売られているが、どちらかといえば物販というより中華料理店が立ち並ぶゾーンだ。
2フロアにわたって中華料理屋さんがズラーリ。

画像

ちゃっかりお台場ガンダムに便乗しているお店発見。
ここのお客さんの何割がガンダムの写メ撮ってるのか、興味はあるが‥‥


画像

迷った挙句に一軒のお店に入って、「排骨飯」を注文。「ぱいこーはん」と読む。
どっちかというと台湾料理だと思うが、まぁいいや。
豚肉をカレー粉で味付けて揚げたものにタレかけて、ご飯に乗せて食べる。
前から食べたかったんだよなぁ。憧れの料理だったのよ排骨飯。

いや美味い。
さすが本場で食べる中華は違うよな!って思ってから気がついた。
いやいやいや、ここお台場だし。本場とちゃうし。


デックスお台場を満喫した後は、猫カフェ「ねこたまキャッツリビン」を冷やかしたり、
レンタルバイクの店見つけて「その手があったか」と悔しがったり。
機動力があれば観覧車とか見に行ったんだよなぁ。
まぁでも、このベイサイド一帯で十分おなか一杯だし。


画像

今朝、水上バスでたどり着いた海浜公園に戻ってみた。
もうすっかり夕方だ。
夕日に水面がキラキラきらめいて、すごく綺麗だ。
ビーチには沢山の人がいて、海を眺めてたりサーフィンしたり、きゃっきゃっと笑いあったりしてる。

なるほど、夕日のビーチに、そしてやがては美しい夜景か。
そりゃあ、盛り上がるわな。
お台場がデートスポットとして人気なのもわかるわ。


所詮はガンダム目当ての旅。
お台場自体は期待してなかったが、なかなか楽しい街じゃないか、お台場。
コンテンツがぎっしりで、エンターテイメントに徹してて。
遊び場としては、アリかもなぁ。

‥‥そういや、この夕日の中で、ガンダムはどうなってる?

海浜公園からまたテクテク歩いて、潮騒公園へ。
暮れる夕日の中、ガンダムはそりゃもう大変な姿を見せてくれたのだが。
少し長くなりすぎたので、さらに次のエントリへー。
まだ旅行一日目なのにねぇ(汗)書いても書いても終わりゃしない。
つづくっ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カウンター.com
オトコ一匹、お台場散策レトロ風味 そういうこともあるだろう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる