うなぎパイを作ってみよう

土用の丑が近づいてきて、今年もスーパーにウナギがズラリと並びだした。
夜勤明けの眠い目をこすりながら安売りのウナギの蒲焼を見ているうちに、去年やろうとしてやりそこなった料理の事を思い出した。
「ああ、そうだ。アレを作ろう。」


いやまあ、引っ張るほどのネタでもないのでさっさとバラすと今回は「うなぎパイ」作りだ。
もちろん「夜のお菓子」の方じゃない。
アップルパイやミートパイのように、ウナギをフィリングにしたパイをな、作ってみたかったのさ。

「これが本当のうなぎパイ~」ってネタをやりたかったのと、
そもそもウナギの蒲焼ってのを、鰻丼にする以外に、なにか別の食べ方は無いか?と考えてて思いついたのだ。
ウナギの蒲焼をたっぷりと詰め込んだパイ。
果たしてどんな味になることやら。


画像

何はさておき、パイ生地を解凍して伸ばし伸ばし。
いや、別に真っ先にやらなきゃならん作業ではないんだが。

なんたって今回はまともなレシピが無い。
パイ生地に鰻の蒲焼ブチ込んで「はい、うなぎパイ~」ってやってもいいんだが、
どうせならチョイと一手間かけてちゃんとした料理にしたかったんだ。


画像

鰻だって要するに魚の仲間。
ならば、白身魚のパイ包みを参考にすればいいのかなー、ってんで、
タマネギ(淡路島産)とマッシュルームを炒めて、ホワイトソースを絡めて冷ます。
ホワイトソースが鰻の生臭さを美味く包み込んでくれるかぁとか。


画像

鰻の蒲焼はとりあえず小さく刻んでみた。
ちなみに特売480円だ。中国産だよねきっと‥‥。


画像

パイ皿にパイシートを敷いてピケしたあと、錦糸玉子を敷いてみた。
鰻から出るであろう脂を吸い取らせようというタクラミだ。
ちなみにアップルパイの時は砕いたクラッカーなんかを敷いたりするよ。
鰻と玉子なら、相性は間違いなく良い筈だ。



画像

錦糸玉子の上に鰻の蒲焼を敷き詰め、ホワイトソースをブッかける。
あわわわわ。こんな事していいのか。
大丈夫だ、きっと大丈夫だ(自己暗示)。

画像

さらに駄目押し、チーズをパラリとな。
こうなると、要するにグラタンだ。
「鰻のグラタン、パイ包み焼き」と考えたら、なかなか美味しそうじゃないか。


画像

もう一枚のパイシートでフタ。
パイシートを編みこむのが面倒なので、まるっと上からかぶせたんだけど‥‥
やっぱり何かこう、寂しいよな。
お魚のパイなら、ウロコ模様なんかを付けるとソレっぽいんだが、ウナギだしなぁ。


そもそも、土用の丑の日にウナギを食べるようになったのは、
江戸時代に平賀源内が「丑の日に「う」のつくもの食べると夏バテしないよー」って言い出したのが始まりと聞く。
ふむ。「う」ねぇ。

画像


う。

余ったパイ生地の切れッ端でチョイとね。
はいはい、どうせセンスないですよ(逆切れ)。

気温が高くてパイ生地がどんどんヘタッてくるんで、凝った細工ができなかったのだ。
夏場はパイ生地扱うの難しいなぁ。



画像

オーブンで焼き焼き。
210度で15分、200度に下げて10分くらい。
あああ、せっかくフォークで閉じたフチの部分がどんどん開いていくー(汗)


画像

焼きあがるまでの間、ウチの犬(夏バテ中)の画像でお楽しみください。
ウチの犬は俺がキッチンに立つとウザイくらいまとわりついてくるんだが、今日はなにかおとなしい。
マジで夏バテなんかなぁ‥‥。


画像

焼けた。
もともと、中の具材はすべて火を通してあるんだから、パイ皮さえパリッと焼ければそれでいいのだ。
こんがりと浮かび上がる「う」の字。
この中にはたっぷりのタンパク質とビタミンBが‥‥!!

夏バテ対策の「うなぎパイ」、かんせーい。


画像

ザックリと包丁で切り分けて、試食。
断面から、ウナギの蒲焼が見える‥‥。

フォークで突き崩して、口へ。
もぐもぐ。

‥‥ふうむ。

ミもフタもない感想を言えば、「パイグラタンにウナギの蒲焼が入っている味」としか言いようがない。
決してマズくはない。
自分で言うのもなんだが、パイの焼き加減も、ホワイトソースの塩コショウ加減も、バッチリだ。
下に敷いた錦糸玉子も、食感の面でいい仕事をしている。

でも‥‥もう少し、ホワイトソースでウナギの存在感が薄まるかと思ったんだがなぁ。
「ウナギ入ってるやん!!」って丸わかりの味。
蒲焼って、主張がつぇーなぁ。
ウナギは洗って、タレを落としてから使うか、いっそ白焼きを使えば、もっと面白い料理になるかもねー。



「ただいまー」
外出から帰ってきたオカンに、恐る恐る食わせると、
「ああ、へぇー、ふーん。」
とペロリと平らげてくれた。
「まぁ、食べられへん事もないな。」
そう言って、リクライニングチェアに寝そべって、テレビを初めて30分後。

「ああ!! うなぎパイ、うなぎパイやん。あはははは。」
居間に響き渡るオカンの声。

やっとわかってくれたか。
‥‥ツッコミが遅いってばー。










うなぎのじゅもん
ユニバーサルJ
小椋佳&アルザ

ユーザレビュー:
夏バテ防止に。 うな ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

2009年07月12日 20:54
なんて~ユニ~クな発想なの!!
面白いわ~白焼きでトマトソースで
イタリアンな ~う~
イ~ル・パイ!隠し味にわさびなんてドウ?
2009年07月13日 21:21
もともと去年から考えていたネタですが、いざやろうとするとパイ生地が溶けて溶けて大変でした。
わさびを使うのはいいですよねぇ!!
最近、香辛料にも興味があります。
わさび入りのスイーツとか面白いかも(やめれ)

この記事へのトラックバック