エイセイボーロを手作りする

製菓道とは「粉」と戯れる事と見つけたり。
薄力粉に強力粉にコーンスターチ、上新粉に白玉粉にわらび粉、葛粉‥‥
砂糖や黄な粉やココアパウダーなんかも粉だ。
白くてサラサラの粉がフカフカのケーキになったりサクサクのクッキーになったりするのが、お菓子作りのオモシロ部分。


画像

そんな訳で今回は、いつもは脇役程度にしか使っていない、この「粉」をメインにしてお菓子を作ろうというココロミだ。
さて、この粉は何の粉でしょうか?



画像


‥‥なんでやねん。



画像

正解はコレ、片栗粉。
本当は片栗という植物の根っこから作るんだけど、今普通に売られている片栗粉はジャガイモのデンプンだ。
中華料理にトロミをつけたり、お菓子だとモチモチ感を出すのに使うことが多いんだけど、
コイツをメイン材料にしたお菓子がある。

それが、みんな大好き、エイセイボーロ。
卵ボーロともいうのかな。
関西人だと「西村のエイセイボーロ」のコマーシャルが脳に焼き付いていたりするのだ。




離乳食として赤ちゃんの時に食べたりしている人も多いだろうエイセイボーロなんだけど、実は片栗粉と卵と砂糖で出来ていると、この間知って驚いたのだ。
レシピもシンプルだし、こりゃ一度作ってみようかなぁと。


ちなみに俺はいつもネットでレシピを検索して、複数のレシピから適当に自分アレンジしたものを適当にメモってキッチンに持ち込むのだが
今回の「エイセイボーロ」の俺レシピはこんなんだ。

画像


シンプルだなぁ。まぁ俺がわかればいいメモなので。



画像

まずは卵。

卵黄3個分に砂糖を60g、そして風味付けにハチミツ少々をたらして、ホイッパーで砂糖のザラザラ感がなくなるまで良く混ぜる。


画像

次は粉。

片栗粉200gにベーキングパウダー4gとスキムミルク30g程度を入れて、こちらもよく掻き混ぜておく。
スキムミルクは「毎日骨太」にしたよ!
粉ミルク使ってたら、なんとなく「赤ちゃんの離乳食」を作っている気分だ。
赤ちゃんいないけど。


画像

卵のボウルに粉を少しずつ、混ぜながら投入。
小麦粉と違って粘りが無いから混ぜやすい。


画像

木ベラで練り上げて、あっさりと生地完成。
クッキー生地に感触は似ているけれど、やや柔らかい。
バターも入ってないから、ネトネトした感じがなくてサラリとした生地だ。


生地ができたとはいえ、ボーロの場合、大変なのはここから先だ。
なんせ、あの小さな球形のエイセイボーロ、あのカタチに一個一個丸めなきゃならない。

画像

生地がくっつかないように、手に片栗粉をはたいて、ひたすらクリクリと丸めて天板に並べていく。
これが楽しい部分でもあるんだが、正直、だんだん飽きてくる。
なんか「禅」の境地だ。
どうしたって一個一個ビミョーに大きさが違うのも、まぁ手作りならではのご愛嬌。


画像

焼成。180℃で8分。
‥‥うっわ、思っていた以上に膨らむなぁ。
これだと少し、ボーロというにはデカすぎないか?


画像

結局、コイン大の巨大ボーロが爆誕。
まぁこれはこれでアリだとは思うんだが、「小さく丸めるのが面倒でしたオーラ」が漂っていてションボリだ。
それにエイセイボーロの魅力はあの小さな可愛いルックスにある。
仕方ない、次のロットからは更に小さく丸めよう。


画像

人差し指と中指と親指でチョコっと生地をつまんで、指先でクリクリ。
直径5mmくらいに丸めて、ようやく程よいサイズに。(それでもまだデカい)
手作業だとコレくらいが限界か‥‥


画像

焼いて丸めて丸めて焼いて。
実に7ロット(7回焼いた)に及ぶ「エイセイボーロ丸め祭り」を経て、なんとか生地を全て焼ききった!
鉢にいっぱいのボーロが出来たよ。
「西村のエイセイボーロ」に比べれば、無骨で大きくて、野性味あふれる感じだが、でも誰が見てもボーロと認識してもらえる程度の見栄えにはなったと思う。


画像

味は、ハッキリ言って、市販品より美味しいぜ!!
サクッとした食感のあと、口の中でシュッと溶ける、この優しい甘さがタマラン。
よっしゃ、成功だ。
ハチミツの風味も効いている。すこし甘さ控えめなのもいい。
お茶請けとしては丁度いい感じかも。


ちなみにバターを使っていない分、エイセイボーロというのは意外にヘルシーなお菓子ではないかと思う。
砂糖をダイエット甘味料にすれば、さらに低カロリー化もできる筈。
どうしてもお菓子をポリポリやりたいときは、こういうのにすると、ポテチ食べるよりはマシかなぁと。
まぁ、なんたって赤ちゃんが食べて大丈夫なんだからな。



正直、片栗粉がこんな焼き菓子に化けるとは意外だった。
トロミつけるだけじゃなかったんだな。見くびってたわ。
今回のエイセイボーロで、少し片栗粉と仲良くなれた気がするよ。



次に仲良くなりたい粉があるとすれば、「米粉」なんだが、ヤツはなかなか難攻不落だ。
パンに混ぜるあたりからアプローチするかなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック