かぼちゃってけっこう重いのだなぁ

>計算力はあっても「量感」のない私たち

「今の子どもたちは、計算などの問題はできるけれど、重さや面積といった量の感覚が乏しい」そうだ。
水一リットルがどれくらいの量か、なんてのが感覚でわからない‥‥というのだけれど
それって多分、今の子供たちに限らないような。
洗面器一杯の水は何リットルでしょう?って聞かれても多分俺は答えられないように思う。

画像


そんな量感の乏しい人への挑戦か、
社員食堂で「ハロウィーン かぼちゃの重さ当てクイズ」なるものをやるそうだ。

今年の節分には「豆の数当てクイズ」とかやってたし、こういう企画モノが好きなのかウチの社食。

ちなみに俺はこの「豆の数当てクイズ」で当選した実績がある(えっへん)ので、
今回もやる気マンマンではあるのだが‥‥
正直、かぼちゃを抱えてみても、イマイチ「あ、何キロだ」ってピンとこない‥‥。
米袋よりは軽いけど‥しかし‥‥?

廊下でかぼちゃを抱えて首をひねっている中年男の図。
ダサい。



実はハロウィーンなんてちゃんと祝ったことはないし(つーか祝うものだっけか?)、
イマイチなじみの薄い祭りなのだけど、
カボチャをくりぬいてジャックランタン作るのだけはやってみたいんだよなぁ。
でかいカボチャ手に入ったら作ろう、作ろうとは思っているんだけれど。
どこいけば売ってるのかなぁ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック