理解されたい気持ちと、カンタンに理解されてたまるかという気持ち

画像


昨日、会社帰りに他部署のT課長に声をかけられた。
「あれ?オマエ会社来てたんか?」
「へ?そりゃ来てますよ」
「いやー、てっきりエスカレーターで怪我して休みかと‥‥」
「い、行ってませんよワンフェスなんて!」

家から近いから、って理由でフラリと入った今の会社だけど、
10年以上も居るとそれなりにキャラクターを認知されるみたいで。

女子社員に
「こういう髪型の女の子好きでしょー」
って好みをズバリ言い当てられたり

「コレはオマエ向きの仕事やなー」
ってアレな仕事を割り振られたり。

「理解される事の喜び」ってのは確かにあるんだよなぁ。


でもその反面、
「○○サンってこーゆーのが好きなんでしょー?」
って安易な萌えキャラ見せられると、口ではえへへー、とか言いながらもイラッとしてみたり。

「オマエは○○タイプだから」
みたいな言葉にもかなりイライラする。

「俺の事をわかっちゃいないヤツにわかったような事言われるとイライラする」
ってのも事実なんだよねぇ。


「この人は俺の事を理解してくれている」
「コイツは何もわかっちゃいねぇ」
この二つを分けるのは結局俺自身の主観に過ぎないんだけどね。


「萌えオタ」「ネット廃人」なんていう、いかにも「わかりやすい」要素をつかまえて
「理解したつもり」になっている人なんかには
そうカンタンに心を開いてあげないのです。うひひ。

でも、心開いた人には、なつくよ。
こう見えてもツンデレだからな(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

N
2008年08月30日 12:00
会社では「そういうヒト」でキャラ立ちしてますからなあ…。あ、ボクもブログ始めますた。またいろいろ教えてね。ザンボット3全部観たらブログで布教とか…いや考えてないっすよ。
2008年08月30日 19:25
ブログ開設おめ。
アドレス教えてくださいね。
ザンボット3の紹介は鬱なカンジになりがちなので注意です(笑)
「神北恵子は俺の嫁」とかそういう方向でー。

この記事へのトラックバック