俺とタバコと1000円札と

画像


一日に何本の煙草を吸うと「ヘビースモーカー」と呼ばれるのかは知らないが、俺は多分一日一箱くらいは煙草を燃やして灰にしているんじゃないだろうか。
基本的にはマイルドセブンライト。
部屋にいるときはキセルで「小粋」(刻み煙草)を吸う事もある。(これのせいで「一日何本吸うか」の計算がややこしい)
気が向くとゴールデンバットとかアロマバニラとか、まぁ何でも吸う。

煙草はどうやら1000円に値上げになるような雲行きだ。
嗜好品については金のことでガタガタ言いたくないんだけど、でも、さすがに1000円はなぁ。
でも1000円になるんだろうな。
だってもう吸わない人のほうが多数派になってるし、喫煙者は「悪」、って空気になってるし。


会社の喫煙ルームなんかでも、「1000円になったらどうするよオイ」みたいな話はよくするんだけど

・あきらめて禁煙するよ派
・本数減らしてガマンするよ派
・なんだかんだ言って1000円にはならないで、500円くらいで様子見るんじゃないか派
・ビールに対する発泡酒的な、抜け道を突いた煙草が出るんじゃないか派

などなど、いろんな考えの人がいるようで。

俺は‥‥うーん。
タバコの愉悦は捨てがたいが、一日一箱として、月に3万円もかかるなら、禁煙もマジに視野に入れるべきなのかなぁ。



ところで、タバコ1000円論の背景には、「喫煙者は減るだろうが、それでも税収が増える」ってのがある。
短期的にはそうなのかもしれないが、長いスパンで見るとどうなんだろう。
さすがにこんな金のかかるシュミに新たに参入する若者は少ないだろうから、喫煙者はいずれどんどん減っていく筈。
現在の喫煙者はいずれは死ぬし、禁煙ブームもくるだろうし。
いずれはタバコ吸う人間はごく少数になるだろう。
売り上げの減少に伴って、(まさか2000円、3000円と上げ続けるわけにもいかないし)タバコによる税収は今よりも格段に落ち込む。
そうしたら、国はタバコから得られなくなった分の税金をどうするのか。
別の何かに課税するんじゃないのかなぁ。

たとえば「ネット税」、っていうのもありえるかも。
今、なんやしらんが「インターネットは青少年に悪影響」とかってやってるのは課税対象にするための布石だったりとか。

あとは‥‥規定以上の体重に課税する「メタボ税」とかさー。

なんて話をしていたら
「生クリームとかバターに課税する「スイーツ税」とかは?」
そ、それは‥‥かなり困った事になるなぁ(汗)

まぁ俺ごときが国の税収の心配する筋合いはないけれど、
タバコ課税のうまみが無くなったあとどうなるか、ってのには興味がある。
まぁその頃には俺はジジイになってるだろうけどさ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大多賀 翼
2010年05月28日 00:04
今はたばこ吸う奴の方が多数派だよな(2010年現在)

この記事へのトラックバック