晴明神社に参拝だ! レッツゴー陰陽師の巻

晴明神社。京都は一条戻橋にある古くからの神社です。公式サイト(あったんか)

ま、ここんとこの陰陽師ブームで超有名になってしまったんで説明するまでも無いか。

俺はこの神社のすぐ側で産まれました。
んでもってこの神社で名前を付けてもらったのですよ。
だから本名に安倍晴明から一文字もらってる。
そんなわけで昔から思い入れが深いんで、毎年、正月には個人的に参拝しに行くのです。
(他の家族は「遠いから嫌」だって。ちぇっ。)

画像

鳥居に五芒星(晴明桔梗とも言うね)。かっこいい。
五行の相生と相克をうんぬんかんぬん。(かじった程度の知識でいらんことは書かないことにしよう。)
魔除のマークです。ぶっちゃけて言えば。



それなりの人手。振る舞い酒を出されたが、残念、バイクで来てるので受け取れない。


画像


戻り橋たもとの式神の像。かわいい。
式神ってのはアレだ。魔女っ子の横についてるマスコットキャラみたいなのとかそんな存在。晴明のパシリ。便利っぽい。

画像


おとなしく順番を待って、自分の番。
ええと、ええと。

チャリン(お賽銭)、ペコリペコリ(二拝)、パンパン(二拍手)、ペコリ(一拝)。

確かコレで良かったっけ、と思い出しながら参拝。
こっ恥ずかしい願い事と、ちょっと黒い願い事をしておいた。


今に始まった事ではないので怒っても仕方ないのだけど、
グッズ売り場が出来てたり(晴明クッキーとか売ってるぞ)、すっかり観光名所になってるのは少しフクザツな気持ちだ。
お守りだけでは客単価が稼げないのだろう。
まぁ、神社もオカネが無いとやっていけないしなぁ。そういうこともあるのだろうな。

しかしコレはひどいんでないかい
画像

雰囲気というかブランドイメージ(wってものがあるだろうに。


グッズはいらんがお守りは頂いてきました。
画像


ペンダント型の「みずかがみ御守」と「ステッカー御守」。
どっちも「魔除け」。
要するに魔物がこの五芒星を見ると、視線が線をおっかけてグルグルして混乱する、という仕掛けのようだ。
アホみたいだけど、あの「臨兵闘者皆陣裂在前!」ってやる早九字だって同じカラクリだ。
つまりは魔物の視線を如何にそらすか、ってのが大事らしい。
(あ、また俺、生半可な知識で語ってますか?)



晴明さんにゃ悪いが、みずかがみ御守のチェーンはあまりにもちゃっちいので、皮ひもに取り替えて身に着けた。

ステッカーは原付に貼ってみました。
魔除のシステム的に考えて、正面に貼るべきだと思ったので

画像


こんな感じ。

‥‥‥ちょっと「らき☆すた」みたいだな、って思った。


陰陽師 夜光杯ノ巻

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック